ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 9月4~6日に聖市のジャパン・ハウスで開催される、国際交流基金サンパウロ日本文化センター、サンパウロ大学(USP)、JSPS科研共催の「社会・人・ことばの動態性と統合」と題した国際会議の申込み期限について、主催者から連絡があった。申込みは、今月25日まで。参加申込みはサイト(https://forms.gle/GVh2qzoeSGaJjykk6)からできるので、気になる人は急いで応募を!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2019年5月9日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]
  • 特別寄稿=この国に移り住んで60年=貴方はしあわせですか?=聖市在住  駒形 秀雄2019年3月30日 特別寄稿=この国に移り住んで60年=貴方はしあわせですか?=聖市在住  駒形 秀雄  私達多くの日本人が希望に燃えてブラジルに渡ってから60年近くの歳月が経ちました。そして、戦前にブラジルに来た親達と地方で農業に従事していた若者たちも、サンパウロなどの大都市に移り住んでからやはり60年前後が過ぎています。  その年月の間には色々苦しい事や嬉しいこともありまし […]
  • 《ブラジル》アプリ配達人の過酷な現実=配達一回で約5レアル(130円)2019年9月17日 《ブラジル》アプリ配達人の過酷な現実=配達一回で約5レアル(130円)  サンパウロ市内には現在、約3万人のバイクもしくは自転車配達人がいるとされている。彼らは皆、UberEats、Rappi、iFoodなどのスマホアプリでお手軽に食事を頼めるサービスの登録配達人だ。  その中の1人、サムエル・マルケスさんは毎朝9時に大きな保温ボックスを […]
  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]