ホーム | 日系社会ニュース | 商議所シンポ=日メルコスルEPAへ要望続々=韓国勢、中国勢の攻勢激しく=官民一体で新政権との関係構築を

商議所シンポ=日メルコスルEPAへ要望続々=韓国勢、中国勢の攻勢激しく=官民一体で新政権との関係構築を

自動車部会発表資料より「ブラジルに関連するFTA交渉」

 ブラジル日本商工会議所の総務委員会(讃井慎一委員長)と企画戦略委員会(大久保敦委員長)が主催する、2019年下半期の業種別部会長シンポが22日午後、聖市内ホテルで開催され、不透明な先行きの中にもいく分の好転要素が確認された。日本メルコスルEPA交渉開始を求める声が続々と上がり、出席した在伯日本国大使館の濱坂隆参事官、塩野進書記官はともに「日本とのEPAの件、重く受け止めた。皆さまにとって望ましい形で進めていく」と応えていた。

シンポの会場の様子

 貿易部会の猪俣淳部会長は、下半期の焦点は税制改革や民営化推進に移ったとし、「大幅な景気回復は期待しにくい」「亜国大統領選、米中貿易戦争、ブレグジットなどを受け不透明感が高まった」と報告した。
 機械金属部会の山田佳宏部会長は「ESG投資(環境、社会、企業統治に配慮した企業を選別して行う投資のこと)、ICT(パソコンだけでなくスマホなど、色々な形状のコンピュータ情報処理や通信技術の総称)、AI(人口知能)の波はブラジルにも押し寄せている。現政権が自由貿易政策を推進することは確実で、それに伴いブラジルコスト削減や低生産性の改善も実行される流れにある。環境変化に応じたビジネスチャンスの模索を」と提言した。
 自動車部会の下村セルソ部会長は、上半期の四輪総市場は131万台で前年同期比12%増と報告し、「下半期はさらに消費が高まると予想される」と報告した。ただし、輸出主要国アルゼンチンの経済不況を受けて輸出は前年比マイナス38%となった。
 FTA交渉に関して、EU・メルコスル(以下Mと略、20・2兆ドル、8億人)は6月に貿易協定締結、カナダM(4・6兆ドル、3・2億人)は今年中に締結予想、韓国M(4・5兆ドル、3・4億人)は来年中に締結予想、米M(22・1兆ドル、5・9億人)は7月に協議開始との現状をのべ、「EUや韓国に劣らない内容の日M(7・9兆ドル、4・2億人)交渉開始を要望する」と強調した。
 電機・情報通信部会の小渕博部会長代理は、韓国Mが来年半ばに締結されればさらに勢いがつき、現在以上にLGやサムスンが安値攻勢をかけてシェアを上げる可能性があると指摘し、「日M促進が急務」と訴えた。中国のZTEが亜国サンサルバドル市で市中監視システムを受注、ブラジルもファーウェイを5G入札から締め出さない方針であり、「中国・韓国勢のアグレッシブな動きに対抗するため、官民一体になった新政権との関係構築が望まれる」と要望した。
 最後に講評をした野口泰在聖日本国総領事は、ブラジルと共に中南米経済の両輪であるメキシコが左派政権となり、経済自由化の波が変わったことを受け、ブラジルへの期待感が高まっていると報告。ドリア聖州知事は9月に訪日するとの予定を明らかにし、「なんとか日MのEPA進めていきたい」と語った。

運輸部会の発表の様子


□関連コラム□大耳小耳

 商議所部会長シンポの金融部会の後半は、ブラデスコのチーフエコノミスト、フェルナンド・オノラト・バルボザ氏が受け持ち、「経済モデルを変える大きな節目にいる。数年後には公的投資が経済を底支えする形から民間主導になる」と展望した。経済の危険度を示すCDSは8月19日現在で10ポイント程度と最低水準にあり、Selic(経済基本金利)は5%へ向けてさらに下がり、来年もその水準を維持すると見通した。社会保障改革が上院を通過すれば、今年中にも投資格付けが1ランク挙げられ、税制改革やそのほかの経済政策が進めば、来年中にはもう1ランク上がることも予想されると語り、投資を呼び込みたいブラジル地場銀行らしくかなり楽観した予測を展開した。
      ◎
 運輸サービス部会の発表の中には、日本からの観光客が年々落ち込んでいるとの数字も公表された。2013年は8万7225人、14年は8万4636人、15年は7万102人、リオ五輪があった16年は7万9753人と増えたが、翌17年には6万342人と落ち込み、昨18年も6万3708人と低調だった。原因として、NHKなどによる「日本人がブラジルで犯罪者に狙われている」的な治安の悪さを誇張した報道による悪影響が挙げられた。発表の中で、コロニア的に衝撃的だったのは、日本側で細々と続けられていたウニベルツールが7月19日に廃業していたこと。1971年に開始して以来、48年の歴史に幕を引いた。その原因は、まさにこの日本人観光客の減少。収入の柱の一つだった観光ビザ申請手数料が、6月から制度改正でビザ免除になったことで、手数料が取れなくなったことだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 大耳小耳2019年4月5日 大耳小耳  3日、ペルー・リマの国会で、日本人移住120周年記念式典が行われた。これを皮切りに祭典事業が開始される。ペルー移民はブラジルよりも歴史が古く、集団移住が始まったのは1899年4月3日。同日は両国の友好の日と制定されており、毎年、国会で式典が開かれているという。当日は、今年7月 […]
  • 決勝で一本を奪う知花(Foto: Roberto Castro/Fotos Publicas)2015年7月16日 知花がオール一本勝ちで金!=汎米大会柔道66キロ級で=地元開催リオ五輪へ弾み=ビラ・カロンの柔道一家  南北アメリカ大陸の代表選手が一堂に会する4年に一度の祭典、第17回パンアメリカン競技大会が10日、カナダ・トロントで開幕した。来年のリオ五輪に向けての試金石となる同大会で12日、柔道男子66キロ級の知花シャルレス(チャールズ・チバナ、26)が金メダルを獲得した。オール一本 […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに2018年11月24日 トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに  ヤマト商事(高木和博社長)が経営する味噌ラーメン専門店「らーめん和」1号店が、近日中に聖市トマス・ゴンザガ街87番に移転するに伴い、その開店セレモニーが24日に通りをはさんだ同系列のエスパッソ・カズ店で行なわれる。新店舗の正式な営業開始は12月の予定。  それに出席 […]