ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え

《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え

 ブラジル地理統計院(IBGE)は28日、ブラジル国内の総人口が2億1014万7125人に達したと発表した。
 これは今年7月1日時点での推定総人口で、昨年同日の推定総人口2億850万人より0・79%増えた。2017年から2018年にかけての増加率は0・82%だった。
 州別の人口増加率が最も高かったのはブラジル北部のロライマ州で、昨年の57万6500人から60万5700人へと5・1%増えた。また、同州州都のボア・ヴィスタ市も人口増加率6・35%で、州都別で最大の増加率だった。
 調査責任者のイザベル・マリ氏は、ロライマ州の人口が他の州に比べて著しく増加した原因は、隣国ベネズエラからの難民流入にあるとしている。
 ただ、同州の人口増加率はブラジル国内で最大だが、実数で見れば、ロライマ州の人口は国内で最も少ない。
 これに対し、サンパウロ州はブラジルの総人口の21・9%にあたる4590万人が集中し、人口最大の州の座を保っている。昨年のサンパウロ州の人口は4550万人だったから、0・8%増となる。また、2位はミナス・ジェライス州(2116万人)で、3位がリオ・デ・ジャネイロ州(726万人)、4位はバイーア州(1487万人)だった。
 IBGEによると、総人口の31・7%にあたる6650万人が人口50万人以上の48市に住んでいる。ブラジル国内には5570の市があり、全体の1%以下の市に総人口の3割以上が集中している計算になる。
 国内全5570市中、最も人口が多いのは1225万人のサンパウロ市で、2位はリオ・デ・ジャネイロ市(672万人)、3位がブラジリア(300万人)、4位はサルバドール市(290万人)だった。
 逆に最も人口が少ない市は、ミナス・ジェライス州のセーラ・ダ・サウダージ(781人)で、次がサンパウロ州のボラー市(837人)、マット・グロッソ州のアラグアイーニャ市(935人)と続いた。(28日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]