ホーム | 文芸 | 刊行 | 『ブラジル日系文学』第62号を刊行

『ブラジル日系文学』第62号を刊行

本の装丁

 『ブラジル日系文学』第62号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に刊行された。
 今号では、武本文学賞が今年で終わったことを受けて、国際日本文化研究センター教授の細川周平さんが『武本由夫賞の終わりを聞いて』を特別寄稿している。ブラジルの日本語文学史の専門家による深い敬意を込めた寄稿文となっている。
 新しく始まった「世界の中の日本人シリーズ① フィリピンのおでんモドキ」(大門千夏)では、骨董家だった著者が世界中を旅する際に出会った日本人について連載する予定。今回はフィリピンで出会った、現地の男性と結婚した日本人女性の赤裸々な思いを綴ったもの。
 また、今号からは俳句・短歌のページがなくなっている。編集後記には「実作者の減少から、ブラジルの俳句・短歌として大きな一つのまとまりを作りたい」という考えが記載されている。
 その他、小説や随筆、ブラジル文学翻訳などを掲載。日語版は118項で、ポ語版は60項。
 問合せは、同事務所(電話=11・3203・2018、メール=secretaria@nikkeybungaku.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『下本八郎 対話による回顧録』=大浦文雄氏と対談、大浦玄編著2019年8月27日 『下本八郎 対話による回顧録』=大浦文雄氏と対談、大浦玄編著  対話形式でつづられ豊富な写真が入っている著作『下本八郎 対話による回顧録』(大浦玄編著)が刊行され、23日に同氏の補佐官・安田潤二さんが報告に来社した。  本書では、スザノ福博村会の長老・大浦文雄さんが対談する形で、下本氏(83、二世)の半生が聞き出されており、とて […]
  • 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ2019年2月22日 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ  亡きコロニア歌人・藤田朝壽さんに捧げる追悼歌集『かなえ合同歌集』(全160頁)が今年1月に刊行された。  昨年1月4日に亡くなった藤田さんは、サンパウロ新聞歌壇や老荘の友で選者を務めていた歌人。15年に亡き妻に捧げた自選歌集『赭き大地を』に続け、2冊目となる自選歌集 […]
  • 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞2018年12月20日 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞  『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。  今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボウソナロ氏に決定」( […]
  • 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊2018年11月14日 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊  西風会は『西風』第8号(247頁)を9月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  今回の座談会のテーマは「故郷―ふるさと、について語る」。座談会参加者9人が郷愁の想いや各自の「故郷」について話し合った。また […]