ホーム | 日系社会ニュース | PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展

PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展

祝杯を上げた関係者ら

祝杯を上げた関係者ら

 邦人駐在員が自由にプレーできるゴルフ場として創設された社団法人PLゴルフクラブ(天野一郎理事長)――「開場50周年記念大会」が16日に開催され、同クラブ主催のコンペとしては過去最大となる約200人が参加し、半世紀の節目の年を盛大に祝した。

 アルジャーゴルフクラブに次いで日系クラブとしては2番目に古い歴史を持つPLゴルフクラブ。3コース、27ホールを有し、聖州の中でも最大級の規模を誇る。
 「ブラジルの奇跡」と呼ばれた60年代後半から日本企業の進出が殺到し、駐在員間で社交の場としてゴルフが親しまれていた。ところが当時、日系人が多く利用していた伊系クラブでは、日系人中心のコンペが多くなったために制限を求められるなど、肩身の狭い思いをしていた。
 そんななか、邦人向けゴルフ場建設の熱望を受けて、サンパウロ日本商工会議所の広川郁三会頭(当時)が来伯中だったPL教団(パーフェクト・リバティー)の御木徳近第二代教主にゴルフ場の建設を懇願。同教団は同市に20平方キロメートルの土地を購入し、その一部にゴルフ場が建設された。
 当初は教団ゴルフ部としてオープンしたが、75年に社団法人に改組。教団より無償提供を受けて、現在に至る。
 今大会は、同クラブ主催コンペとしては最大規模となった。全27ホールを利用して実施され、涼風爽やかな晴天のもと、3、4人に分かれて団体戦を競い、会員同士の親睦を深めた。
 コンペ終了後、地元太鼓チームの演奏で記念式典が幕開け。式典には、天野理事長、ゼ・ルイース・モンテイロ市長、日系ゴルフ連盟の近沢宗貴理事長、パウリスタゴルフ連盟のマウロ・バチスタ会長、PL教団の森口一美教区らが出席した。
 挨拶した天野理事長は「50周年を迎えられたのは、皆様のご協力の賜物」と謝意を滲ませ、「次なる50年に向けて、ブラジルで最高位のクラブとなるように尽力していきたい」と会員らの協力を仰いだ。
 モンテイロ市長は「我が市にゴルフありと知られるのは、このクラブのおかげ。当地のスポーツ、社会の発展を支える、重要な存在」と強調。近沢理事長も「リオ五輪でゴルフが正式種目となり、若者の関心を惹起している。そんななか、このクラブは常に最前線に立ち、若者へのゴルフ普及の道を切り開いてきた」と賛辞を送った。
 その後、市議会から同クラブに対して顕彰プレートを授与。鏡割りの後、祝杯を上げると会場は熱気の渦に。昼食会では、今大会の結果発表ならびに表彰が行なわれたほか、創立時からの会員に記念品が贈呈された。
 創立以来、会員としてゴルフを続けている日比野健一さん(77、岐阜県)は「パトロンからの勧めでゴルフを始めた。もともと草野球をやっていたので、止まったボールを打つのはあほらしいと思っていたが、ずるずるとここまで来てしまった」と豪快に笑い、「ここは空気も見晴らしも最高。プレーを通じて友人と歓談し、酒を交わすのが一番の楽しみ」と笑みを浮かべた。


□関連コラム□大耳小耳

 PLゴルフクラブは、進出企業の駐在員を中心として、現在、会員は約400人に上る。駐在員向けゴルフ場として開設されただけに、レストランには日本食、ロッカールームには風呂やサウナが付きと充実した設備に加え、スタッフも日本語対応が可能だ。開場50周年を記念して、平日の客利用を促すために非会員向けにグリーン券(回数券)を現在販売している。一日あたり通常300レアルのところ、特別料金で150レ。5枚綴りだと750レとなる。同クラブの土屋健俊支配人は「全27ホールあり、聖州でも最大規模。コースでは人工物が全く見えず、殆んど自然のなかを巡ることができるので、お客さまに大変喜んで頂いている。客足の少ない平日を利用し、ゴルフを存分に楽しんで欲しい」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ