ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 30日に発売された週刊誌「ヴェージャ」が、ボルソナロ一家を巡るスキャンダルの発端となったファブリシオ・ケイロス氏の行方を8カ月ぶりにつきとめたと報じた。ケイロス氏は大統領の長男フラヴィオ上議がリオ州議時代の職員で、他の幽霊職員の給料が一斉に振り込まれていたとして疑惑の中心となっていたが、サンパウロ市の病院での癌の手術後、姿をくらませていた。「カデ・オ・ケイロス(ケイロス、どこだ)」はネットの流行語にもなっていたが、同誌によるとサンパウロ市モルンビで生活しており、病気療養中とか。ネットでは早速、「リオのミリシアがなぜサンパウロ市の高級住宅地に?」と、この日のブラジル一の話題となっていた。
     ◎
 30日にリオ市で、隔年開催の本のビエンナーレがはじまった。開幕式には、ブラジルの国民的マンガ「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者で、漫画家生活60周年のマウリシオ・デ・ソウザが招かれ、会衆から祝福された。マウリシオはそこで、おなじみの犬のキャラクター、ビドゥの絵を壁に描き、「私が最初に作ったキャラクターだ。犬は忠実だが、私は彼にもっと忠実でありつづけた」と、マンガに捧げた一生を振り返っていた。
     ◎
 今週末のサッカーの全国選手権第17節。注目カードはリオのマラカナン・スタジアムでの首位攻防戦、フラメンゴ対パルメイラスだ。25日に同選手権で首位に立ち、リベルタドーレス杯でも準決勝進出と絶好調のフラメンゴ。同選手権2連覇を目指すパルメイラスは、ここで勝って、なんとか、勝ち点で追いつきたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]