ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで

《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで

 ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。
 再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ・ド・ノルテ、パラー、パライバ、ペルナンブコ、リオ、リオ・グランデ・ド・スル、ロライマ、セルジッペ、サンパウロの各州で、登録期限は11月16日までだ。
 プレ・パーゴの利用者は、TIMやVivo、Claro、Oiなどの通信会社に個人情報を登録しなおす必要があり、11月16日までに再登録を行わないと、電話回線がブロックされ、番号が使えなくなる。
 再登録が必要な利用者には、各通信会社から、ショートメッセージなどを通じて知らされる。また、通信会社は再登録手続き専用のサイトや電話番号を用意して、利用者に周知している。
 再登録措置は4月にゴイアス州の一部、局番(DDD)62の地域限定で始まり、6月には連邦直轄区 、ゴイアス州全域、アクレ、マット・グロッソ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ミナス、パラナ、ロンドニア、トカンチンス、サンタカタリーナの各州に拡大した。
 これら9州と連邦直轄区での再登録期限は10月15日だ。
 プレ・パーゴ契約者のデータ再登録措置は、多くの契約で、本来必要な顧客データの登録がなされていないことを理由に始まったと、国家電気通信庁(Anatel)は発表している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも2020年4月30日 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも  【既報関連】ブラジルのボウソナロ大統領は29日朝、コロナ禍の最中も営業が認められる「基幹業務」の定義を拡大する大統領令を出したと、同日付現地各サイトが報じた。  社会隔離政策として、基幹業務以外の営業停止令を発令しているサンパウロ州のドリア知事、リオ州のヴィッツェル知事など […]
  • サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで2020年5月6日 サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで  サンパウロ州サッカー協会(FPF)は4日午後、協会関係者と各チーム代表者たちによるビデオ会議を開催。その中で、練習再開日はまだ決めないことを申し合わせた。同日付現地サイトが報じた。  FPFの基本的な方針「サンパウロ州保健局の許可がない限り、各チームは練習などの活動を再開し […]