ホーム | 日系社会ニュース | JETRO=二宮次長退任、松平さん着任=「広くお役に立てるよう頑張る」

JETRO=二宮次長退任、松平さん着任=「広くお役に立てるよう頑張る」

来社した二宮さん、松平さん

 日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所(大久保敦所長)の次長を3年半務めた二宮康史さんが8月31日付で退任し、代わりに松平史寿子さん(43、大阪)が着任した。
 二宮さんは以前03~07年に4年半程のブラジル駐在経験がある。「前回の駐在から今回ではブラジルも大きく変わった。タクシーや食品配達がスマートフォンで手軽に利用できるようになった。サンパウロ市はブラジル全体から突出した強力な消費圏に成長した。日本食品の普及も一段と強まったように思う」と計8年間にわたるブラジル生活を振り返った。
 今回の活動で印象に残ったのは、「日本移民50周年(1958年)に三笠宮崇仁親王殿下が来伯された際の写真が事務所に残っており、それを移民史料館に寄贈したこと。JETROからの寄贈は初めてで、後に記録を残せた」と喜んだ。
 二宮さんの業務(企画、経理、人事、総務など)を引き継いだ松平さんは当地初駐在。「ブラジルでは、政治経済など各界で国内外に絡む様々な動きがあると思う。勉強に励み、情報提供だけでなく、広く皆さんのお役に立てるよう頑張る」との抱負を語った。
 JETROは約50の日本国内拠点、70以上の海外拠点からなるネットワークを活用し、対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出、企業の海外展開支援、調査・研究に取り組んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日野さんオンライン講演=移民について考える会2020年6月13日 日野さんオンライン講演=移民について考える会  ブラジル移民について考えよう会が主催する「移民に日について考えよう会」が、18日(木)9時よりオンラインアプリZOOMにて行なわれる。ブラジル日本語センターが協賛。  主に日本語教育関係者や日本語学習者が対象。当日は、ブラジル日本語センター教育副理事長を務める日野寛 […]
  • スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催2020年6月10日 スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催  「新型コロナの影響はファベーラにもでています。お世話になったブラジルへの恩返しとして、自分はなにができるかということを考えた時、このイベントを行おうと思いました」――チャリティーヨガイベントの立案者、ヨガ講師の鈴木友紀菜さん(32歳、神奈川県)はそう語った。  鈴木 […]
  • 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加2020年6月10日 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は6月20日(土)20時に、「国際日系デー」を祝うためのオンラインイベントをユーチューブとフェイスブック上で生中継する。人気バンド「パット・フー」の歌手、高井フェルナンダさん、野口泰在サンパウロ日本国総領事やブルーツリーホテル […]
  • 鬼木専門学校=コロナで授業中止、診療所閉鎖=資金難で存続困難の危機に=クラウドファンディング開始2020年6月5日 鬼木専門学校=コロナで授業中止、診療所閉鎖=資金難で存続困難の危機に=クラウドファンディング開始  「現在、学校も併設する診療所も閉鎖しており、収入がゼロです。このままでは閉校も余儀なくされます」――鬼木東洋医学専門学校(鬼木結子理事長)は、コロナ感染拡大防止のクアレンテナ(検疫)により学校や診療所が営業出来なくなったことから収入源がたたれ、学校存続が危ぶまれている […]
  • パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」2020年6月9日 パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」  「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92 […]