ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も

《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も

 ブラジルの非営利団体レッジ・コニェシメント・ソシアルが行ったアンケート調査「青少年とつながり」第三版によると、15~29歳の青少年の3人に2人は、インターネットの存在がいじめを増やし、孤独感を増幅させると考えており、57%がインターネットは不安感を掻き立てると回答したと、17日付地元紙が報じた。
 昨年7月~今年6月に全国で行われた調査は、全ての社会階層にまたがる15~29歳の若者の内、ここ3カ月間に週に1度はインターネットに触れたことがあると答えた人、1440人を対象に行われた。
 いじめが増えると答えたのは66%、プライバシー流出の危険ありとしたのは65%だった。また、インターネットの主目的は通信アプリなどを使ってのコミュニケーション(通話、会話)にあるのに、60%がネットのせいで孤独感が増すと答えた。
 調査では55%がネットをやりすぎたことがあると答えた。商品検品係のグレイソン・ネーヴェスさん(29)は、「写真に『いいね!』がいくつつくか楽しみ。ネットのない世界なんて考えられない」と語る。
 臨床心理士のヴェルスカ・ジェンドフ氏は、「ネットの世界にのめりこむと、現実世界に悪影響が出る。イライラしやすくなるし、不眠症や食生活の変化、鬱のリスクも増す。ネットいじめも問題。ネット上ならばれないと思って書き込みが過激になりやすい」と語る。同氏は「親が子供たちに現実世界での活動を促し、ネットをやる時間を制限させることが必要」としている。
 ネットでは個人情報の保護が重要だが、78%は知らない人とネットを通じて個人情報のやり取りをすることを快く思っていないという。個人情報のやり取りに関しては、15~19歳の女性が最も慎重だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]