ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》サントス・ドゥモン空港が通常運営再開=改修工事で民営化にはずみ

《リオ市》サントス・ドゥモン空港が通常運営再開=改修工事で民営化にはずみ

 部分的な改修工事が行われていたリオ市のサントス・ドゥモン空港が、21日午前6時より通常の運営に戻る。18日付現地紙が報じている。
 今回の改修により、GOL、ラタン、アズルの3社の飛行機を従来の10%増しで運航できるようになった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》油田入札の収益額で新記録を達成=落札件数は予定の3分の1だが2019年10月11日 《ブラジル》油田入札の収益額で新記録を達成=落札件数は予定の3分の1だが  10日、国家原油庁(ANP)による石油・天然ガス採掘権に関する入札が行われ、最低見込み額を大幅に上回る89億1500万レアルという記録的な収益(ボーナス、落札謝礼金)を獲得した。10日付現地サイトが報じている。  今回の入札は全国5カ所の盆地(海盆)にある36区画を対象とす […]
  • 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も2019年5月3日 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も  【既報関連】機体ローンなどの債務不履行による航空機差し押さえにより、アヴィアンカ(A)社の国内便に欠航が相次いでいることで、需要と供給のバランスが崩れ、一部の人気路線では航空券価格がほぼ2・4倍に跳ね上がる現象が発生していると、2日付現地紙が報じた。  航空券価格比較サイト […]
  • ブラジル水運、昨年は好調=トラックストで、乗り換え需要2019年1月18日 ブラジル水運、昨年は好調=トラックストで、乗り換え需要  昨年5月のトラックストの影響で、陸上輸送最低運賃表が作られ、輸送費が高騰したせいで、国内でも水運輸送が増えていると、14日付現地紙が報じた。  ブラジル沿岸貨物船主協会(Abac)によると、昨年は20フィートコンテナ(長さ約6メートル、幅約2・4メートル、高さ約2・6メート […]