ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=帝王切開で生まれた娘に父が歌う子守唄=急死した母親が結婚式用に選んだ曲で

サンパウロ州=帝王切開で生まれた娘に父が歌う子守唄=急死した母親が結婚式用に選んだ曲で

ソフィアちゃんに歌を聞かせるゴンサウヴェス氏(19日付G1サイトの記事の一部)

 19日朝、生まれたばかりの娘に、父親で軍警のフラヴィオ・ゴンサウヴェス氏(31)が歌を歌って聞かせているビデオが流れた。
 ゴンサウヴェス氏の歌を聞いているのは、14日に帝王切開で生まれたばかりのソフィアちゃんだ。ソフィアちゃんの体重はわずか1キロ。身長も34センチしかない。
 ソフィアちゃんの母親は、14日夜、サンパウロ市北部の教会で結婚式を挙げるはずだった看護婦のジェッシカ・ゲデス氏(30)だ。ゲデス氏は妊娠6カ月だったが、式場に向かう途中で具合が悪くなり、教会の入り口で彼女を迎えたゴンサウヴェス氏の手で、産婦人科病院に運ばれた。
 病院では胎児を救うための帝王切開が行われ、ソフィアちゃんが誕生したが、ゲデス氏は脳死状態となったため、家族が臓器提供を決意。ゲデス氏の葬儀はピニェイロス墓地で行われ、17日に埋葬された。
 ゴンサウヴェス氏が19日に掲載したビデオで歌っていた曲は、花嫁のゲデス氏が結婚式用にと考えて選んだ曲だ。

花嫁衣裳のゲデス氏と支援を呼びかけた文章(17日付G1サイトの記事の一部)

 ゴンサウヴェス氏はビデオと共に、ゲデス氏と並んで撮った写真をインターネットに掲載。「僕達の歩みはまるで映画のようだった。君は映画館に入ると、感動したり同情したりして涙を流し、その後で『でも、あれはドラマだから』と自分を慰めていたよね。でも、僕にとって、今回の出来事は現実なんだ。胸が潰れる思いだけれど、これまでの全てを感謝している」と書き込んだ。
 病院側はゴンサウヴェス氏とソフィアちゃんに最善のケアを提供する意向だが、妊娠6カ月で生まれたソフィアちゃんは最低2カ月間、入院する必要がある。
 ゴンサウヴェス氏は保健プランなどがなく、緊急手術の費用やソフィアちゃんの入院費なども賄えない。これを知った友人達がインターネットで支援を呼びかけたところ、19日朝までに、目標額の倍以上の21万9千レアルが集まったという。(17、19日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 東西南北2020年8月19日 東西南北  6月にサンパウロ市南部で起こった15歳の少年、ギリェルメ・シウヴァ・ゲデス君の殺害事件に関して、サンパウロ州地裁は殺害の関与が疑われる2人の軍警への逮捕命令を下した。事件は6月14日、誤って倉庫に踏み入ったギリェルメ君が犯罪者と間違われ、郊外のジアデマまで連れて行かれて銃殺さ […]
  • 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相2020年8月18日 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相  ボルソナロ大統領のイデオロギー路線は完全に行き詰まった。その象徴が、極右思想のアブラアン・ウェイントラウビ氏が6月に教育相を解任されたと同時に“米国逃亡”を図ったことだ。  イデオロギー路線は「ボルソナロ氏に不利な判断ばかり下すような最高裁は閉鎖しろ!」「古い政治手 […]
  • Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す2020年7月11日 Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す  9日、サンパウロ証券取引指数(Ibovespa)が4カ月ぶりの高値をつけそうになったが、息切れして10万ポイントを超すことが出来なかった。ただし、10日には10万0031・83ポイントとなった。 […]