ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》公立校で刺傷事件発生=14歳の少年が教師刺す

《サンパウロ市》公立校で刺傷事件発生=14歳の少年が教師刺す

 19日午前、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァの市立校で、14歳の少年が教員の腹部を刺し、重傷を負わせる事件が起こった。20日付現地紙が報じている。
 事件は19日午前9時20分頃に発生した。同校の9年生の生徒が、授業を終えて教室を出た地理の教師、ルイス・マルコス・ノタリオさん(55)の腹部を、Tシャツの下に隠していた刃渡り約20センチのナイフで刺した。
 ノタリオさんはすぐに近くの救急病院に運ばれ手応急処置を受けた後、州立病院に運ばれたが、重傷だという。
 一方、少年も教室に戻った後、同じナイフで自身の右の腹部を刺したため、ヘリコプターでクリニカス病院に運ばれて手当てを受けた。
 授業は、この騒動でパニックとなり中断。学生や教員は外に出され、その後は警察の現場検証のために費やされた。
 関係者の証言によると、加害者の少年は普段は勉強熱心なおとなしいタイプで、学校での成績も優秀だったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表2020年12月5日 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)とサンパウロ市にあるブタンタン研究所のジマス・コーヴァス所長が3日、同研究所が治験を統括し、生産も行う中国シノバック社製の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の接種は、来年1月から可能と主張。来年3月から […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など2020年12月5日 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など  新型コロナの感染再拡大で、感染者や死者の増加に危機感を抱いている自治体が、次々に新たな対策を発表していると4日付G1サイトなどが報じた。  3日現在の感染者は前日比5万434人増の累計648万7084人、死者も755人増の累計17万5270人。直近7日間の1日あたり […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流2020年12月5日 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流  隔年開催の「外務省研修生OB会ラテンアメリカ会議」の第17回総会が11月3、4、5日に開催された。例年5月の開催のところ今回はコロナ禍の影響で11月に延期し、宮坂国人財団(西尾ロベルト会長)の協力のもと、初のオンライン開催に踏み切った。  同会にはラテンアメリカ・カ […]
  • ■訃報■佐藤八朗さん2020年12月5日 ■訃報■佐藤八朗さん  日系旅行社協会元会長、「宮城県人会を明るくする会」代表、農業技術移住者協会役員などを務めた佐藤八朗さんが、4日午前6時にサンパウロ州インダイアツーバ市内のアウグスト・オリベイラ・カマルゴ病院(Hospital Augusto de Oliveira […]