ホーム | 日系社会ニュース | こどものその慈善コンサート=収益1万6千レアルを寄付

こどものその慈善コンサート=収益1万6千レアルを寄付

コッペデ外崎ひろみさん(左)とコーラスグループ(提供写真)

 プロの日本人フルート奏者のコッペデ外崎(とのさき)ひろみさん(青森県)主催の「『こどものその』の為の日伯友好チャリティーコンサート」が8月31日午後、サンパウロ市のホテル・ブルーツリー・プレミアム・ファリア・リマで開催された。
 初めて行われた同チャリティーコンサートでは、17組の音楽家やサンパウロ日本人学校の子供達などが出演。会場には日本人駐在員と日系人を中心とした約200人の観客が訪れ、軽食を取りながら和やかな演奏会を楽しんだ。

コッペデ外崎ひろみさんと頃末アンドレ理事長(提供写真)

 同コンサートの収益は1万6410レアルを計上し、経費を差し引いた金額がこどものそのに寄付された。
 主催のコッペデさんは「次回は文協で駐在員と日系員を繋ぐイベントを企画したい」と今後の展望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 下本氏が白寿者に敬老金=27人に感謝状と共に贈呈=01年続き2度目の心遣い2020年7月3日 下本氏が白寿者に敬老金=27人に感謝状と共に贈呈=01年続き2度目の心遣い  6月18日の『ブラジル日本移民の日』112周年を記念して、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が毎年実施している「白寿者表彰」に合わせて、元サンパウロ州議会議員の下本八郎さん(二世、84歳)が、対象者の27人に感謝状と最低給料分の敬老金を贈呈した。下本さんが白寿 […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • ジャパンハウス=招き猫、武道、建築、七夕祭り=オンラインで日本文化紹介2020年7月2日 ジャパンハウス=招き猫、武道、建築、七夕祭り=オンラインで日本文化紹介  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が、クアレンテナ(検疫)に対応してオンライン上で様々な日本文化を紹介する「#JhspOnline」を引き続き開催されており、7月10日までのスケジュールを紹介する。 ▼7月1日(水)「美食 […]
  • 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ2020年6月30日 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ  「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水 […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]