ホーム | 日系社会ニュース | こどものその慈善コンサート=収益1万6千レアルを寄付

こどものその慈善コンサート=収益1万6千レアルを寄付

コッペデ外崎ひろみさん(左)とコーラスグループ(提供写真)

 プロの日本人フルート奏者のコッペデ外崎(とのさき)ひろみさん(青森県)主催の「『こどものその』の為の日伯友好チャリティーコンサート」が8月31日午後、聖市のホテル・ブルーツリー・プレミアム・ファリア・リマで開催された。
 初めて行われた同チャリティーコンサートでは、17組の音楽家やサンパウロ日本人学校の子供達などが出演。会場には日本人駐在員と日系人を中心とした約200人の観客が訪れ、軽食を取りながら和やかな演奏会を楽しんだ。

コッペデ外崎ひろみさんと頃末アンドレ理事長(提供写真)

 同コンサートの収益は1万6410レアルを計上し、経費を差し引いた金額がこどものそのに寄付された。
 主催のコッペデさんは「次回は文協で駐在員と日系員を繋ぐイベントを企画したい」と今後の展望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ