ホーム | ブラジル国内ニュース | ロック・イン・リオ第2陣スタート=3日から6日まで4日間の見どころは?

ロック・イン・リオ第2陣スタート=3日から6日まで4日間の見どころは?

 3日夜より7日までの4日間、ロック・イン・リオの第2陣が行われる。そのハイライトを見てみると…。
 3日のトリには、90年代以来、アメリカ最大級の人気を誇るバンド、レッドホット・チリ・ペッパーズが登場。躍動感溢れる演奏能力の高さにはかねてから定評があるが、6年ぶりとなるロック・イン・リオでも貫禄のパフォーマンスが期待されている。
 この日は他に、昨年「ハイ・ホープス」が世界的な大ヒット曲となって一躍人気者となったヴォーカリスト、ブレンドン・ユーリーによる一人バンド、パニック・アット・ザ・ディスコも出演する。
 4日の注目はアイアン・メイデン。1985年の第1回ロック・イン・リオに出演し、2013年には最終日の大トリをつとめるなど、ロック・イン・リオには深い縁もある。現在は名実共にヘヴィ・メタル界の王様的バンドとなった彼らだが、ヴォーカルのブルース・ディッキンソンが「バンド史上最大のライブをやる」と宣言するなどして、今回の出演に対する強い思い入れを語っている。
 メイデンはこの日、敢えてトリを選ばず、ブラジリア時間の21時30分に出演。これが意味するところが何なのかも気になるところ。
 5日のトリは、今回のロック・イン・リオには初出場ながら、女性アーティストで唯一トリに選ばれたピンク。ユニ・セクシャルで姉御肌のたたずまいとパワフルな歌唱力、前向きな社会的メッセージで共感度抜群の彼女が、初めての参加となるロック・イン・リオでいかに聴衆を惹きつけるかが注目される。
 最終日6日の大トリをつとめるのは、イギリスの人気ロックバンドのミューズ。今回の同フェスのトリをつとめるバンドの中では平均年齢が30代後半と若い彼ら。今後のロック・イン・リオを担う存在としての期待の表れか。また、その一つ前には、現在、世界で最もロックのヒット曲を量産する若手バンド、イマジン・ドラゴンズも出演。主に若い人たちをにぎわせる最後となりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も2019年8月21日 チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も  ブラジル政府は、2002年に逮捕され、現在服役中のチリ人の誘拐犯マウリシオ・ヘルナンデス・ノラムブエナ受刑囚を、チリ政府との間での合意により強制送還することに決めたと、20日付現地紙が報じている。  ノラムブエナ氏は2001年に実業家のワシントン・オリヴェット氏を誘拐した、 […]
  • ロック・イン・リオ終了=後半のハイライトを紹介=反ボウソナロと親LGBTで盛り上がる2019年10月8日 ロック・イン・リオ終了=後半のハイライトを紹介=反ボウソナロと親LGBTで盛り上がる  3~6日に、リオのシダーデ・デ・ロックで、9月27~30日に引き続く、ロック・イン・リオの4日目から7日目が開催された。後半の見どころを振り返ると…。  3日(木)のトリをつとめたのは米国の人気バンド、レッドホット・チリ・ペッパーズだったが、他の日のトリと比べた評判は決して […]
  • ロック・イン・リオが開幕=若手・大御所そろい踏みで計7日間2019年9月28日 ロック・イン・リオが開幕=若手・大御所そろい踏みで計7日間  27日よりリオ市のシダーデ・デ・ロックで、通算8回目となる大型ロック・フェスティバル「ロック・イン・リオ」が、2週の週末、計7日間を使って開催される。  1985年に第1回目を開催。第4回目の20011年までは10年に1回ペースの開催だったが、2011年からは隔年で、現在の […]
  • リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中2019年8月3日 リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中  リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。  被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。  被 […]
  • チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで2019年6月5日 チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで  3日、チリのアンデス山脈の岩山が土砂崩れを起こし、観光で訪れていた7歳と3歳のブラジル人少女が死亡する事故が起きた。3日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、マラニョン州バカバル出身のカーリダ・トラブルシ・リスボアちゃん(3)とイザドーラ・ブリンジェルちゃん(7)で […]