ホーム | コラム | 樹海 | ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?

ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?

検察庁長官時代のジャノー氏(Lula Marques)

 「全くもって、意味も狙いもわからない」。コラム子がそう言わずにいられないのが、元検察庁長官(2013~17年)のロドリゴ・ジャノー氏の自叙伝「ナーダ・メーノス・ケ・トゥード」だ▼9月下旬発売と言われつつ、まだ書店では見ないが、少なくともPDF版がマスコミには一斉に流れてて、それを元にすでにかなりの報道もなされている。マスコミが最も飛びついたのが「最高裁のジウマール・メンデス判事への暗殺未遂の告白」であり、ブラジル中が仰天した

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か2020年4月28日 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か  コロナショックがキッカケで、ブラジルが激動期に入った感じがする。  1992年末、インピーチメント(罷免)直前に辞任したコーロル元大統領(現上院議員)が先週、「この映画は見たことある」とのコメントを発したという25日付ブラジル社会面記事には納得させられた。  大統 […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]