ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》検事が判事に切りかかる=首筋を負傷も命に別状なし

《サンパウロ》検事が判事に切りかかる=首筋を負傷も命に別状なし

 国税庁検察官のマテウス・カルネイロ・アスンソン検事が3日、第3地域裁(TRF3)所属の女性判事、ルイーゼ・フィウゲイラス氏にナイフで切り付け、殺人未遂で現行犯逮捕された。4日付現地各紙が報じた。
 アスンソン容疑者は3日夕方、サンパウロ市中央パウリスタ大通りにあるTRF3の、フィウゲイラス判事の執務室に侵入した。
 証言によると、アスンソン被告はフィウゲイラス判事の首筋に切り付けたが、頚動脈はそれており、軽傷で済んだ。容疑者は、「抗議するつもりだった」と供述しているという。
 アンドレ・メンドンサ連邦総弁護庁(AGU)長官は、同日中に事件の捜査開始を命じ、遺憾の意を表明するとともに、「暴力を強く糾弾するとともに、判事に限りない連帯の意を示す」と書面で発表した。
 連邦判事協会(Ajufe)、サンパウロ州連邦判事協会(Ajufesp)は共に、犯行を「極めて大それた行為」と呼び、非難すると共に、「判事の警備体制は常に脆弱で、元検察トップが最高裁判事を『殺すつもりだった』と発言するような最近の風潮が、司法を侮る流れに拍車をかけている」と発表した。
 Ajufe、Ajufespは共に、対話が枯渇し、世論が極端に分かれているという現在の風潮が事件につながったとし、司法は常に独立性を脅かそうとする者の攻撃対象になってきたとも表明。さらには「予算不足で、裁判官の命が危険にさらされるようなことは許容しがたい」として、現状を厳しく批判した。
 アスンソン容疑者は最初、22階にある別の判事の執務室に侵入したが不在だったので、1階下のフィウゲイラス判事の部屋を襲撃。ガラス製花瓶を投げつけ、ひるんだ隙にナイフで切り付けた。逮捕後は連警本部に連行、収容されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》カルデラノが1千試合達成=国際卓球連盟の大会初日で2020年11月21日 《ブラジル》カルデラノが1千試合達成=国際卓球連盟の大会初日で  中国河南省で19~22日開催の国際卓球連盟主催のITTFファイナルズ初日に、リオ出身のウーゴ・カルデラノ(24)が国際戦1千試合を達成した。同大会には世界ランキング20位までの選手16人が参加している。  世界ランキング6位のウーゴは19日に同ランキング15位のリア […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で公共交通機関を敬遠=自家用車が増えて渋滞増2020年11月21日 《ブラジル》コロナ禍で公共交通機関を敬遠=自家用車が増えて渋滞増  モビリティーソリューション企業のMoovitが行った調査により、新型コロナウイルスのパンデミックが始まった事で、公共交通機関を敬遠する人が増えた事が明らかになった。  Moovitの調査は8月14~21日にサンパウロ、リオ、ブラジリア、ベロ・オリゾンテ、フォルテレー […]
  • 《ブラジル最南部》白人警備員が黒人男性撲殺=黒人の意識高揚の日前夜に2020年11月21日 《ブラジル最南部》白人警備員が黒人男性撲殺=黒人の意識高揚の日前夜に  「黒人の意識高揚の日」を翌日に控えた19日夜、ブラジル最南部リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレのスーパーマーケットで、40歳の黒人男性が白人警備員2人に撲殺される事件が起きた。20日付現地紙、サイトが報じている。  事件が起きたのはポルト・アレグレ市北部にあ […]
  • 東西南北2020年11月21日 東西南北  20日は「黒人の意識高揚の日」で、通常ならサンパウロ市も休日だ。でも今年はコロナ禍対策として、5月に休日を前倒しし3連休の「フェリアドン」を実施したため、今回は休日ではない。だが、それで黒人を祝うことをしないのかというと、そうではない。現地紙やサイトがこの日にもっとも紙面を割 […]
  • 隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活空間そのものを提案2020年11月21日 隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活空間そのものを提案  ブラジルの家電量販店ファーストショップ(カクモト・ミルトン会長、二世)のショッピングセンター第1号イビラプエラ店が12日、リニューアルオープンした。「設計から工事まで約2年かかりましたが、ブラジルのみならず世界に注目されるようなコンセプトの店舗を作ることができたとおも […]