ホーム | ブラジル国内ニュース | エクアドル=9日は抗議のゼネスト敢行=依然として収拾には程遠く

エクアドル=9日は抗議のゼネスト敢行=依然として収拾には程遠く

 【既報関連】3日の非常事態宣言後も、エクアドルでは政府と国民との間の抗争が激化。8日に夜間外出禁止令が出される一方、9日はゼネスト実施など、緊迫した状態が続いている。9日付ブラジル国内紙サイトが報じている。
 8日、レニン・モレノ大統領は和平に向けた対話を呼びかけたが、ストの中心的存在となっているエクアドル先住民連盟(CONAIE)は「少なくともゼネストが終わるまでは対話には応じられない」として、ゼネストを強行した。
 ゼネストによって交通機関は止まり、商店街も閉鎖された状態となったが、通りでは全国で1700万人ともいわれる国民が抗議活動を続け、軍隊と抗戦している。
 モレノ大統領は7日に政府機能をキトからグアヤキルに移転。8日にはキトの国会議事堂に先住民を中心とするデモ隊が侵入。逮捕者は延べ700人を超えるなど、異常事態が続いている。
 こういう状態においても、モレノ大統領は辞任や燃料代値上げ(補助金削除)の撤回を断固として否定。現在は国連かカトリック教会の仲介による対話を求めている。
 南米諸国はモレノ政権に好意的で、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイが支持を表明している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人2020年4月28日 コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人  英国のオックスフォード大学が作成したデータに基づいてBBCニュースブラジルが行った国際比較によると、ブラジルは新型コロナウイルス感染検査が少ない国の一つであることが分かった。  ブラジル保健省によると、ブラジル国内の公共医療機関では、4月20日までに13万2467件の新型コ […]
  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]
  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]
  • 《ブラジル》絶滅危機種の鳥を育成、放鳥=アルゼンチン側の大西洋岸森林帯で2019年12月5日 《ブラジル》絶滅危機種の鳥を育成、放鳥=アルゼンチン側の大西洋岸森林帯で  ブラジルとアルゼンチン、パラグアイの国境が接する三角地帯にあるイタイプー水力発電所の環境班が、絶滅危機種の鳥10羽を放鳥する事を明らかにした。  放鳥されるのは、キジ目のホウカンチョウで、ムツム・デ・ペナッショ(mutum-de-penacho)と呼ばれる種類の鳥の […]