ホーム | Free | PIPA=児童が太鼓や一輪車を披露=コリンチャンスで発表会、19日

PIPA=児童が太鼓や一輪車を披露=コリンチャンスで発表会、19日

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、自閉症児療育施設PIPA(井上健治運営委員長、佐藤リカルド施設長)で療育を受ける児童らによる「第15回発表会」を、10月19日午前10時からスポーツ・クラブ・コリンチャンス・パウリスタ(R. São Jorge, 777 – Vila Moreira)で開催する。
 施設へ通う自閉症を抱える児童らが、ヒーローと悪役が登場する演劇を行い、一輪車や縄跳びなど特技を披露。太鼓や合唱などの演奏も発表し、練習の成果と成長した姿を見せる。
 発表会は年に一度開催で、昨年はサンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会大講堂で行われ、約700人が来場した。
 佐藤施設長、中内エリカさんは「子どもたちの成長を見てほしい」と来場を呼びかけた。
 発表会に関する問い合わせは同施設(電話=11・2636・3894)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2019年10月17日 ■今週末の催し  19日(土曜日)  カンピーナス倫理法人会・サンパウロ州倫理法人会の設立記念式典、午前10時、ホテル・ヴィクトル・コンセプト・カンピーナス(Av. José de Souza Campos, 425 - Cambuí, […]
  • 2014年5月16日 あっ、セレソンより先にW杯開幕会場のトイレを使う子どもたち  6月12日にW杯開幕会場となるイタケロン(アレーナ・サンパウロ)を見学した。サンパウロ日伯援護協会が運営する自閉症児療育学校PIPAの子どもら10人余りに同行して、ちょうど一カ月前となる13日に取材した。詳しくは日系社会面記事「PIPAがW杯開幕会場視察」を参照してほしい […]
  • スポーツコート造成へ=援協傘下の社会活動部2006年3月18日 スポーツコート造成へ=援協傘下の社会活動部 2006年3月18日(土)  サンパウロ日伯援護協会(酒井清一会長)傘下の社会活動部(サンパウロ市ヴィラ・カロン区)が三万レアルをかけ、スポーツコート(八メートル×四十メートル)を設置することになり、十六日の援協理事会で発表された。 […]
  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]
  • 東西南北2020年11月20日 東西南北  サンパウロ州では17日から18日にかけて強い雨が降り、各地で被害が報告されている。ブロッタス市では18日夕方、塀が崩れて女性2人が巻き込まれ、1人が死亡した。インダイアトゥーバ市では、17日夜から18日朝にかけての暴風雨で、ガソリンスタンドの屋根が支柱ごと倒れる事故が起きた。 […]