ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》LGBTに保守系解釈?=大統領三男提唱後、パロディ相次ぐ

《ブラジル》LGBTに保守系解釈?=大統領三男提唱後、パロディ相次ぐ

保守派のLGBTを提唱したTシャツを着るエドゥアルド氏(自身のツイッターより)

 12日、ボウソナロ大統領三男のエドゥアルド下院議員が、同性愛者全般を指す英語イニシャルの略称「LGBT」に保守系の新解釈を提示し、物議をかもした。
 これはエドゥアルド氏のツイッターで公表された写真に端を発している。この日、エドゥアルド氏は、サンパウロで行なわれた会合「CPAC」(保守政治活動協議会)に出席し、その舞台裏で、黒いTシャツ姿で写真に写った姿を公表した。
 そのTシャツにはLGBTと書かれていたが、それは「レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスセクシャル」ではなく、エドゥアルド氏独自の解釈がほどこされていた。そこには「リバティ(自由)、ガン(銃)、ボウソナロ、トランプ(米国大統領)」と書かれていた。
 だが、この写真の評判は良かったとは言えず、ネット上には批判的な意見と、この写真のパロディが出回った。
 その中で最も話題になったのが「おい、Qを忘れてるぞ」というものだった。LGBTは時に、性的少数者を意味する「クイア」をQとして足して「LGBTQ」とする習慣がある。だが、反ボウソナロ派の人々に言わせると、この新解釈のLGBTQには「ケイロスが足りない」というのだ。
 ケイロスとは、エドゥアルド氏の兄フラヴィオ上院議員のリオ州議員時代の職員で、他の幽霊職員の給料が大量に口座に振り込まれ続けていたことで有名になったファブリシオ・ケイロス氏のこと。汚職撲滅を唱えて大統領に選ばれたはずのボウソナロ大統領、およびその一家の汚職疑惑の象徴とされる人物だ。
 また、ケイロス氏は長期行方不明になっていたことから「カデ・オ・ケイロス(ケイロス、どこだ?)」という言葉が流行語にもなっていた。今回、エドゥアルド氏のTシャツにケイロス氏がなかったことから、その言葉も冗談で利用された。
 他のパロディの中には「ラランジャ(L、直接の意味は「オレンジ」だが幽霊職員の隠語。ケイロス氏のあだな)、ボスタ(B、悪い)、ガド(G、家畜。反ボウソナロ派にとってのボウソナロ支持者の呼称)、テラ・プラノ(T、平面の地球。ボウソナロ家が心酔する極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が唱える地球平面説のこと)」とするものもあった。

image_print

こちらの記事もどうぞ