ホーム | コラム | 樹海 | ガンの治療に新たな道

ガンの治療に新たな道

 末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受けた、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテ市に住む公務員のルイス・カストロ氏(62)だ。同氏は17年以降、化学療法や放射線療法、免疫療法を試したが、期待した結果は得られなかった。症状が進み、死の恐怖にも直面していた同氏を救ったのがCAR―T細胞療法だ▼通常の免疫機能だけでは完全に死滅させるのが困難なガン治療のために開発されたこの療法。遺伝子学を駆使し、血液から取り出したT細胞(リンパ球の一種)を、ガン細胞などの表面に発現する特定の抗原を認識して攻撃するCAR(キメラ抗原受容体)―T細胞に改変。十分な数まで培養後に体内に戻されたCAR―T細胞は、ガン細胞の表面に取り付き、死滅させる▼治療後のカストロ氏はモルヒネも不要となり、自力で歩けるようになった上、腫瘍を示す黒い影も激減。CAR―T細胞投与前には、体がこの細胞を受け入れやすくするためのリンパ球除去が必要で、ある程度の副作用も起きる。だが、これまでの苦しみを見てきた妻が「信じ難い」という変化は、たった1回の細胞投与で起きた▼今後はトモグラフィーで治療結果を確認後、5年の観察期間を経て、完治したかの正式判断が下る。死の恐怖や痛みから解放され、自分の足で歩いて帰宅する喜びはいかばかりか。医師達のたゆまぬ研究と、父親を救わんとする息子の熱意がカストロ氏の命を救った。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]