ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボルソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの市長選では、首都ボゴタでレズビアン、トゥルバコで極左過激派集団「FARC」の元メンバーが市長に選ばれた。これらもボルソナロ氏を刺激しそうだ。ただ、ウルグアイの大統領選では、左派のダニエル・マルチネス氏と中道右派のルイス・ラカジェ・パウ氏が11月の決戦投票に進出。どちらが勝つか。
     ◎
 サンパウロ州バウルーで25日夜、同市勤務の軍警軍曹が遺体で発見された。この軍警はマリオ・サビーノ・ジュニオル氏(47)で、2000年のアテネ、2004年のシドニーと2度の五輪に連続出場した柔道の名選手。2003年にはパン・アメリカン競技大会で金メダル、2004年の大阪での世界柔道では銅メダルも受賞していた。同氏の傍には別の軍警の遺体もあり、警察はその軍警がサビーノ氏と口論後に銃弾2発を浴びせて殺した後、自殺した可能性を疑っている。
     ◎
 ブラジル開催となったサッカーのU17W杯が26日から始まった。ブラジル代表は開幕戦でカナダ代表と戦い、4―1で快勝した。この大会でエース役を期待されたレイニエールは、直前になって所属のフラメンゴから出場(参加)を辞退されたが、試合に問題はなかった。ブラジル代表の次戦は、今日午後8時からのニュージーランド戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 東西南北2019年7月2日 東西南北  G20で訪日したボルソナロ大統領は6月29日、BRICS首脳と対談を持った際、ロシアのプーチン大統領の前でベネズエラ問題に言及するのを避けた。ロシアはベネズエラのマドゥーロ独裁を支援している国の一つで、この機会が南米を代表してプーチン氏に同問題に関する苦言を伝えられる絶好の機 […]
  • 東西南北2019年6月28日 東西南北  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市で26日未明、2度の強盗を働いた35歳の軍警が現行犯逮捕された。軍警は犯行時、玩具の銃を使っていた。警察によると、軍警はリオンズ大通りのガソリンスタンドで最初の強盗を働き、黒のシボレー車で逃げたが、スタンドの店員がナンバーを控えて […]