ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボウソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの市長選では、首都ボゴタでレズビアン、トゥルバコで極左過激派集団「FARC」の元メンバーが市長に選ばれた。これらもボウソナロ氏を刺激しそうだ。ただ、ウルグアイの大統領選では、左派のダニエル・マルチネス氏と中道右派のルイス・ラカジェ・パウ氏が11月の決戦投票に進出。どちらが勝つか。
     ◎
 サンパウロ州バウルーで25日夜、同市勤務の軍警軍曹が遺体で発見された。この軍警はマリオ・サビーノ・ジュニオル氏(47)で、2000年のアテネ、2004年のシドニーと2度の五輪に連続出場した柔道の名選手。2003年にはパン・アメリカン競技大会で金メダル、2004年の大阪での世界柔道では銅メダルも受賞していた。同氏の傍には別の軍警の遺体もあり、警察はその軍警がサビーノ氏と口論後に銃弾2発を浴びせて殺した後、自殺した可能性を疑っている。
     ◎
 ブラジル開催となったサッカーのU17W杯が26日から始まった。ブラジル代表は開幕戦でカナダ代表と戦い、4―1で快勝した。この大会でエース役を期待されたレイニエールは、直前になって所属のフラメンゴから出場(参加)を辞退されたが、試合に問題はなかった。ブラジル代表の次戦は、今日午後8時からのニュージーランド戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2020年2月8日 東西南北  6日にコロンビアで行われた、サッカーの南米五輪予選の4チームでの決勝リーグ、対ウルグアイ戦でブラジル代表が1―1と引き分けたために、事態がかなり微妙なことになっている。9日に最終戦が行われるが、ブラジリア時間の20時に行われるコロンビア対ウルグアイ戦が引き分けに終わると、ブラ […]
  • 東西南北2019年7月11日 東西南北  地理統計院(IBGE)は10日、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA・ブラジルの公式インフレ率)が0・01%だったと発表した。これにより、今年上半期の累積インフレ率は2・23%、直近12カ月の累積インフレ率は3・37%となった。0・01%は、6月の値としては、マイナス […]
  • 東西南北2019年3月30日 東西南北  かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されて […]
  • コパ・アメリカ組織委が前半総括の記者会見を開催=「入場者は少なくない」と強調2019年6月27日 コパ・アメリカ組織委が前半総括の記者会見を開催=「入場者は少なくない」と強調  サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)組織委員会は25日、リオのマラカナン競技場で大会前半を総括する記者会見を開き、1次リーグ全18試合の平均入場者数は2万9379人だったと発表した。25、26日付現地紙・サイトが報じている。  組織委員会総務のチアゴ・ジャンヌッツ […]