ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=「TVグローボは悪党、卑怯だ!」=マリエレ事件関与報道にブチ切れ=容疑者が犯行数時間前に訪問?=本人に議会出席記録の怪

《ブラジル》ボウソナロ大統領=「TVグローボは悪党、卑怯だ!」=マリエレ事件関与報道にブチ切れ=容疑者が犯行数時間前に訪問?=本人に議会出席記録の怪

反論するボウソナロ大統領(ツイッターより)

 2018年3月14日にマリエレ・フランコ元リオ市議と運転手のアンデルソン・ゴメス氏が殺害された事件の捜査線上に、ボウソナロ大統領の名が浮上していたことが29日に明らかになった。これは、殺害実行グループの一人が犯行の数時間前にボウソナロ氏を訪ね、許可を得てコンドミニオに入っていたことが明らかになったためだ。30日付現地紙が報じている。

 今回の件は29日夜、グローボ局のニュース「ジョルナル・ナシオナル」が報じて明らかとなった。これは、ボウソナロ氏の自宅があるコンドミニオの門番(入り口の受付担当)が警察に対して行った証言に基づいている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ