ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》暴力からの女性保護施設落成=着工4年、3千平米超の広さ

《サンパウロ市》暴力からの女性保護施設落成=着工4年、3千平米超の広さ

 サンパウロ市中央部カンブシで11日、着工から4年をかけた「ブラジル人女性の家」が完成した。12日付現地紙が報じている。
 この施設には、女性保護警察署や検察、公選弁護人事務所、裁判所などの女性保護施設が入っており、家庭内暴力や強姦などの暴行被害に遭った女性を24時間体制で受け入れる。また、サンパウロ市内の第一女性保護警察署も同施設内に移転した。
 連邦政府は同施設の建設のために1030万レアルを投資した。開所式典に出席したサンパウロ州知事のジョアン・ドリア氏は、「公的資金の負担を減らすため、個人的に一般の私企業にも建設費の捻出を要請した」とした。
 開所式にはダマレス・アウヴェス女性家庭人権相をはじめ、連邦政府レベルや州政府レベルの高官も多く出席した。アウヴェス氏は、「まだ、女性に手を上げている愚かな人々に伝えたいことがあります。『蛮行ももう終わりです。我が国は女性を守るために立ち上がっているのです』」と演説したが、会場の外では、同大臣を快く思わない集団から「ダマレス、出ていけ!」との声も上がった。
 今回オープンした施設は3659平米だが、ダマレス氏は、より小さな市、自治体には、よりコンパクトな施設を多く作れるように、計画を手直しする意向を示した。
 ジウマ政権下の2013年に始まったプロジェクトでは、国内26州と連邦直轄区に一つずつ、こうした施設を建設する予定だったが、まだ7州にしかできていない。
 また、中央統一労働組合(CUT)婦人部長のマルシア・ヴィアーナ氏は、「この施設が今後どう運営されるのかが重要」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで2020年5月6日 サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで  サンパウロ州サッカー協会(FPF)は4日午後、協会関係者と各チーム代表者たちによるビデオ会議を開催。その中で、練習再開日はまだ決めないことを申し合わせた。同日付現地サイトが報じた。  FPFの基本的な方針「サンパウロ州保健局の許可がない限り、各チームは練習などの活動を再開し […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]