ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 下院のフェイクニュースCPIで5日、「ネットで攻撃されて被害にあった」と、ジョイセ・ハッセルマン下議が涙で訴えたことが話題となっている。ジョイセ氏は、その体型を漫画のキャラクターになぞらえて「ペッパ・ピッグ」などと集中的に攻撃されていたことが10月にも話題になっていた。ただ、ジョイセ氏も、ユーチューバーだった2016年6月に当時のジウマ大統領を「牛」「デブ」と動画上で罵倒したことがあり、17年8月にはレジーナ・ソウザ上議を「バク」「無教養」「文盲」と呼んだために裁判沙汰にもなった。「自分がされて嫌なことは人にもするな」という教訓になるか。
     ◎
 23日にチリのサンチアゴで行われる予定だったサッカーのリベルタドーレス杯決勝「リーヴェル・プレイト対フラメンゴ」戦は、同国での民衆デモ長期化のため、ペルーのリマで代替開催となることが決まった。昨年まではホーム・アンド・アウェイ方式だった決勝は、今年から「出場チームに関係ない場所で1試合のみ」になった。これは欧州のチャンピオンズリーグに倣い、一試合の希少性を高め、マーケティング効果を狙ったものだが、開催地が暴動で荒れるとは。
     ◎
 5日午後、サンパウロ大都市圏では久々にまとまった雨が降り、死者まで出たが、カンタレイラやアウト・チエテといった水系は15~20ミリ、グアラピランガで40ミリと、1カ月遅れでようやく「雨季到来」を思わせる雨が降った。当初の予報では、「雨が本格的に戻るのは11月中旬から」と言われていたが、果たして前倒しとなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?2021年5月25日 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?  「今から自分たちの憲法を作るんだ!」という意気揚々としたチリのニュースを聞きながら、国民の勇気をうらやましく思った。世界でも「SNS時代初の憲法」として注目されている。  というのも、本紙2019年11月19日付《憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?》(ht […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年10月22日 東西南北  20日、サンパウロ市では前日に続いて午後に激しい雨が降り、各地で被害が報告された。大サンパウロ都市圏にまで広げてみた場合、消防には洪水で44回、倒木で44回、土砂崩れで4回の通報があったという。サンパウロ市内では前日に続いて北部での被害が大きく、豪雨で押し流された車が次々と路 […]