ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 「2019年度にっけい文学賞」に選ばれた栗山舎人氏著『ある移民の生涯』は、いくつもの短編と随筆からなる作品集。渡伯して間もない移住者の心境や、日本人がたくさん住んでいた頃の東洋街など、ブラジル暮らしが長い者には懐かしい風景がよみがえる。雨が続くここ数日、ふだん読書から遠ざかっている人には、この文学賞はコロニア文学を手に取ってみる良い機会かも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンゴンサーロ教会で賛美歌を歌うソニア合唱団と参加者ら2014年6月19日 移民106周年〃祖国〃に思い馳せ=子孫が一世を偲ぶ時代に=水野龍三郎さんもクリチバから  笠戸丸移民着伯から106年―。「移民の日」を記念し、今年も各地で慰霊祭や記念行事が開催されている。同日、サンパウロ市ではジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。今や二、三世が中 […]
  • 刊行物「朝蔭」2010年11月19日 刊行物「朝蔭」 ニッケイ新聞 2010年11月19日付け  句誌「朝蔭」10月号(372号、通巻744号)がこのほど刊行された。牛童子による「句帳」「雑詠」「句評」のほか、「みみっちい計算」(秋村蒼一郎)、「群馬の森を訪れて」(城良子)など。 […]
  • 宇江さん夫妻金婚式 ロ市、友人知己ら160人で祝う2004年6月8日 宇江さん夫妻金婚式 ロ市、友人知己ら160人で祝う 6月8日(火)  [ロンドリーナ]当市在住の宇江達也さん(79)、チエさん(71)夫妻の金婚式祝賀会が、さきごろ市内ブッフェ・アトランチコで行われた。家族、親族、友人、知己ら百六十人が集い、祝った。 […]
  • 東西南北2011年10月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年10月26日付け […]
  • 集中豪雨の被害相次ぐ=南東部3州中心に=犠牲者の数27人超える2007年1月9日 集中豪雨の被害相次ぐ=南東部3州中心に=犠牲者の数27人超える 2007年1月9日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙六日】本格的な夏の降雨シーズンに入り、各地で集中豪雨による被害が相次いでいる。とくにリオデジャネイロ、サンパウロ両州では一月に入って二十七人が、地滑りの下敷になるなど犠牲となった。 […]