ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》バイア州で飛行機が墜落=1人が死亡し、9人負傷

《ブラジル》バイア州で飛行機が墜落=1人が死亡し、9人負傷

 バイア州のリゾート地で14日、小型飛行機が墜落し、1人が死亡、9人が重軽傷を負った。14日付現地サイトが報じている。
 事故が起きたのは、バイア州南部マラウー市のバーラ・グランデ地区にあるリゾート地で、墜落したのは14時になる少し前だったという。
 17時現在ではまだ、乗員・乗客がすべてで何人いたのかは判明していないが、この飛行機は専用機だったことはわかっている。
 まだ、身元は確認されていないが、亡くなったのは女性で、炭化した状態にあるという。救出された9人はすぐに、同地区の保健所に運ばれて応急手当を受けた。負傷者の詳しい情報はわかっていないが、同市市役所は14日の内に州都サルバドールの病院に移送すると発表した。
 墜落した飛行機は民間航空監督庁(ANAC)に登録のある1981年製のセスナC550号だったという。
 墜落の原因や犠牲者、乗客などに関しては捜査中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ