ホーム | ブラジル国内ニュース | BRICS会議=73項目の首脳宣言採択=南米言及せず、保護主義懸念

BRICS会議=73項目の首脳宣言採択=南米言及せず、保護主義懸念

14日の会議で議長を務めるボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 【既報関連】ブラジリアで行われた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5カ国(BRICS)首脳会議は14日、73項目にわたる首脳宣言採択をもって閉幕したと14、15日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。
 世界経済が減速する中で採択された首脳宣言には、保護主義の拡大や貿易戦争の激化、政治的な不確実性などを不安視する姿勢を反映し、解放された市場、透明性などの言葉が繰り返された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ