ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 男性が、物乞いをする路上生活者の女性に対して銃弾を放ち、射殺した映像が流れ、話題となっている。この事件は16日朝、リオ市近郊のニテロイ市で起こった。ジウダさんという31歳の女性は、ゆっくりとした足取りで商人の男性の傍、約1メートルの所を歩きながら金をくれと頼んだが、苛立った男性が銃を抜いて発砲。倒れた被害者を助けようともせず、何事もなかったかのように歩き続けた。ジウダさんは通行人によって病院に運ばれたが死亡した。男性は逮捕後、「恐喝された」と証言したが、ジウダさんは「1レアルを恵んでくれ」と言っただけで、武器になるようなものは持っていなかった。今後、こうした事件は増えるのか。
     ◎
 19日夜、サンパウロ市東部イタケーラの病院でミカエリーちゃんという3歳の少女が亡くなったが、彼女には肉体的ならびに性的暴行の跡が見られたことから、母親(20)とその恋人の男性(30)が逮捕された。ミカエリーちゃんは今月5日にも暴力を受け、13日間入院。18日に退院したばかりだったが、19日朝、病院に運ばれた際には熱があり、吐き気ももよおしていた。母方の祖母(44)は暴力を見かね、親権を名乗り出て獲得していたが、書類を受け取っていなかったため、まだ娘に親権があると思い、引き取り損ねたという。
     ◎
 23日はペルーのリマでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝が行われるが、既に現地入りしていた名物アナウンサーのガルヴォン・ブエノが21日、体調を崩して病院で手当を受けていたことがわかった。ブラジルのサッカー中継ではおなじみのベテランも69歳。体調には気をつけてほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]