ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》北東部原油汚染=海洋生物の種類や数が激減=バイア州沖での調査で判明

《ブラジル》北東部原油汚染=海洋生物の種類や数が激減=バイア州沖での調査で判明

白化したサンゴ(25日付コレイオ・サイトの記事の一部)

 【既報関連】8月30日から続くブラジル北東部への原油漂着により、バイア州沖の無脊椎動物の個体数が激減するなど、深刻な影響が出ている事が判明したと25、26日付現地紙、サイトが報じた。
 バイア連邦大学(UFBA)生物学研究所(Ibio)が、10月17~20日に州北部のフォルテ、イタシミリン、グアラジャバ、アバイーの4海岸で行った調査によると、平年は5~6%のサンゴの白化が、51・92%に増えた。
 サンゴの白化は病気に罹っている証拠で、放置すれば死や弱体化が生じる。通常は海水温や日射量の変化が白化の原因だが、今回はこれらの要因には変化はなく、原油が原因と見られている。
 また、サンゴやサンゴ礁を住処とするタコやロブスターなどの無脊椎動物の個体数は、これまでの平均の446から151に66%減少。サンゴ礁周辺で見つかった生物の種類も、88から47にと47%減少した。
 Ibioは1995年から該当海域のサンゴ礁の調査を続けており、過去のデータと照合すれば海洋生物の生態の変化を確認する事が出来る。
 調査では、有孔虫や単細胞微生物の数なども大幅に減っている事も確認された。これらの生物は他の海洋生物の餌となるため、これらの生物の減少はエコシステム全体に大きな影響を及ぼす。
 Ibioのフランシスコ・ケウモ氏は、「原油漂着後、海洋動物の数や種類が急激に減り、病気になったり死んだりしたサンゴも増えた事は、海洋資源損失を意味する。食物連鎖の崩れは、生物学的な不均衡も招く」と警告した。また、サンゴ礁が病気になったり死んだりする事で、9~2月に繁殖期を迎える生物の繁殖にも悪影響が生じる事も懸念している。
 ケウモ氏は、他の災害が重ならない場合でも、原油漂着で生じた損失の回復には10~20年かかると見ている。
 また、北東部で獲れた魚などを食用に供しても問題はないとの連邦政府の発表に関しても、魚介類が飲み込んだり、触れたりした原油は発がん性物質も含んでいる事を忘れないよう、注意を促した。ケウモ氏は原油にまみれて死んだウミガメなど50体の解剖を行い、消化器や呼吸器が真っ黒になっていた事を示す動画も作成している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》失業率=9月第4週は過去最高14・4%=緊急支援金減額うけ職探し開始で2020年10月20日 《ブラジル》失業率=9月第4週は過去最高14・4%=緊急支援金減額うけ職探し開始で  地理統計院(IBGE)が16日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関する調査で、9月第4週は失業者数が急増し、失業率も同調査では過去最高の14・4%に高まったと発表したと16~18日付現地紙、サイトが報じた。  9月第3週の失業率は13・7%だったが、64万7千人 […]
  • 《ブラジル》白内障の手術の数が倍増=長寿化で高齢者が増えて?2020年10月10日 《ブラジル》白内障の手術の数が倍増=長寿化で高齢者が増えて?  世界視力デーの8日、ブラジル眼科審議会(CBO)が、ブラジルではこの10年余りで白内障の手術が倍増したと発表した。  2019年に統一医療保健システム(SUS)で行われた白内障の手術は約60万1千件で、2009年の30万2千件のほぼ倍となった。手術増加率が最も高かったのはサ […]
  • 《ブラジル》自然豊かな海岸で海亀死体12%増=違法投網が原因?2020年10月7日 《ブラジル》自然豊かな海岸で海亀死体12%増=違法投網が原因?  自然豊かで美しい海岸地帯が広がる持つことで有名なブラジル北東部のバイア州で、3日までに、昨年同期より12%多い138匹の海亀の死体が見つかり、関係者の間で懸念が広がっている。  10月から翌年の4月にかけては複数の種類の亀の繁殖期だが、9月27日から10月3日の1週 […]
  • 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」2020年10月7日 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」  国立気象観測所(Inmet)は6日、ブラジルでは猛暑のため、「熱中症で亡くなる人が出る可能性がある」と警鐘を鳴らした。6日付現地サイトが報じている。  9月30日、10月1日の2日連続で観測史上2位の37・1度を記録したサンパウロ市を始め、春先なのに全国的に記録的な暑さが続 […]
  • 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル2020年10月2日 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル  地理統計院(IBGE)が1日、昨年の穀物やマメ科食物、油糧種子の生産量は前年比で6・8%増の2億4330万トン、生産額は5・1%増の3610億レアルで新記録を更新したと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  注目されるのは、昨年の収量が前年比で22・8%増の1億 […]