fbpx
ホーム | Free | モジのカザロンで能楽公演=『羽衣』『鉢木』など1日

モジのカザロンで能楽公演=『羽衣』『鉢木』など1日

来社した田中実行委員長

 日本の古典芸能、能楽の公演「第11回能楽の集い 春」(田中敏行実行委員長)が12月1日(日)午後2時半から、サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市のカザロン・ド・シャ(Estrada do Chá, Estrada Cocuera, Mogi das Cruzes)にて開催される。入場無料。
 3年ぶりの公演で、代表的な能楽作品『羽衣』や、謡曲『鉢木(はちのき)』などを披露する。能楽を広く知ってもらうため、解説も加えながら進行する。

イベントの案内広告

 『羽衣』は、浜辺の松の枝にかかっていた天女の衣を漁夫が見つけ、持ち帰ろうとしたところに天女が現れ、衣を返す代わりに天女が美しい舞いを見せ、地上に宝を降らせたというもの。
 公演の副題が「山口正邦氏を囲んで」で、ブラジルで長年能楽の先駆者・指導者として活躍する同氏への感謝も込められている。
 観覧の申し込みは不要で、午後4時半終演予定。公演に関する問い合わせは、田中実行委員長(電話=11・4704・3334)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見2020年10月27日 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見  サンパウロ州市警が26日、内陸部バレットス地方で「デスモンテ(解体)作戦」を敢行し、車を盗んで解体・改造を繰り返し、ぼろ儲けしていた犯罪組織を摘発した。  「デスモンテ作戦」の対象となったのは、サンパウロ州内の7市(フランカ、グアイーラ、イツヴェラヴァ、ジャルジノー […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で2020年10月27日 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で  サンパウロ市市長選候補のフィリペ・サバラ氏が25日夜、所属政党からの追放と副候補の撤退を理由に出馬資格失格の処分を受けた。26日付現地紙が報じている。  これは24日に、サバラ氏の所属政党だったノーヴォが、副候補のマリア・エレーナ氏が選挙から引き上げることを理由に、シャッパ […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]
  • 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?2020年10月27日 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?  有名エコノミストのセルソ・ミンギ氏は10月16日付エスタード紙のコラムの見出しに《中国はすでに世界一の経済》と書いた。  その本文冒頭にも《重要な経済指標の一つによれば、米国はすでに世界一ではない。中国はすでに国内総生産(GDP、ポ語はPIB)で凌駕した。最大である […]