ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》公務員年金改革の道険し=何百もの業種別組合が圧力=下議235人の大型ブロックも

《ブラジル》公務員年金改革の道険し=何百もの業種別組合が圧力=下議235人の大型ブロックも

ロドリゴ・マイア下院議長(Luis Macedo/Câmara dos Deputados)

 【既報関連】19日に上院で2回目の承認を受けた並行PEC(憲法補足案)は、11月12日に公布された、社会保障制度改革PECで達成された歳出削減規模を430億レアル小さくする(=歳出を増やす)可能性があると、29日付現地紙が報じた。
 社会保障制度改革PEC成立のための議会折衝の中、議員の説得に苦労した地方公務員の年金制度改革などの部分は、本体部分の承認を迅速化するために切り離された。こうして切り離された部分を、本来の社会保障制度改革PECに近い状態に戻すために作られたのが並行PECだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ