ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁との対立姿勢強める大統領=「2度と起こさせない」と威嚇

《ブラジル》最高裁との対立姿勢強める大統領=「2度と起こさせない」と威嚇

27日のボウソナロ大統領(Marcos Corrêa/PR)

 27日に行われた連邦警察によるフェイクニュース(虚報)捜査を巡り、ボウソナロ大統領の最高裁への対立姿勢が強まっている。リオ連警をはじめとする連警の捜査や人事への干渉疑惑が表面化して以来、大統領には、息子や友人を強く意識した行動が目立っている。27、28日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ