ホーム | ビジネスニュース | ACAL=ブラックフライデー、今週末=1日に12mのツリー点灯式

ACAL=ブラックフライデー、今週末=1日に12mのツリー点灯式

当地にもすっかり定着した「ブラックフライデー」

 当地にもすっかり定着した「ブラックフライデー」(11月最終金曜日の特売日)。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は東洋街の「ブラックフライデー」を今月29日~12月1日まで行う。
 昨年から始めたリベルダーデ区のブラックフライデーでは約150店が協力。池崎会長は「普段の値段より安く販売し、お客様に『リベルダーデに来て良かった』と言ってもらいたい」との思いで始めたと語る。
 町中が特売セールを行う他、リベルダーデ広場には特設舞台が設置され、ショーも行われる。

1日午後6時半に点灯式を行うクリスマスツリー(イメージ写真)

 目玉は、クリスマスを先取りした特別企画。1日午後6時半には、ニッケイパラセホテルからリベルダーデ広場まで、パパイ・ノエル(サンタクロース)が馬車に乗って行進して登場する。
 更に同時刻には、これも初めての高さ12メートルの巨大なクリスマスツリーの点灯式が行われる予定だ。これは毎晩点灯され、年末に向けてクリスマスの雰囲気を盛り上げていく。
 池崎会長は、「今年、リベルダーデ区が制定されてから114周年を迎えました。私達の町を盛り上げたいという一心で企画した。他の区にはない特別なイベントなので、ぜひ来てほしい」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リベルダーデにチャイナタウン?!=中国風の複合商業施設計画浮上=百周年時ACAL案焼き直しか2019年2月16日 リベルダーデにチャイナタウン?!=中国風の複合商業施設計画浮上=百周年時ACAL案焼き直しか  かつては「日本人街」と呼ばれたリベルダーデも、90年代以降に中国人移民が急増し、中華レストランや商店が立ち並ぶようになり大きく変わった。そんな流れにさらに拍車をかける「中華街化計画」が、水面下で検討されている。もしも実現するのであれば、建設には莫大な費用がかかると見ら […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • 第1回新令和時代の初生け=華道家元池坊ブラジル支部2020年1月8日 第1回新令和時代の初生け=華道家元池坊ブラジル支部  華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)が「第1回新令和時代の初生け」を11、12日午前10時~午後6時まで、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(R. Galvão Bueno, […]
  • かずま忌俳句大会、来月8日=初めて富重久子宅で開催2019年11月23日 かずま忌俳句大会、来月8日=初めて富重久子宅で開催  蜂鳥誌友会の年中行事である『第14回かずま忌俳句大会』が12月8日午前9時(受付は午前8時)から、サンパウロ市ピニェイロス区の富重久子居(Rua Oscar Freire, 2077, ap. […]
  • 陶芸作品展示会5日に=こだわりのカップでコーヒーを2019年10月2日 陶芸作品展示会5日に=こだわりのカップでコーヒーを  「お気に入りの陶器カップで、コーヒーを飲みませんか?」―ブラジル現代陶芸会(CCBRas、福沢マコト会長)は5日(土)午後3時から9時まで、コーヒーカップの陶芸作品展示会「VAI UM CAFEZINHO?」をサンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(R. […]