ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》第3四半期のGDP0・6%増=緩やかながら2期連続増加=工業やサービスが牽引=通年の成長率は約1%?

《ブラジル》第3四半期のGDP0・6%増=緩やかながら2期連続増加=工業やサービスが牽引=通年の成長率は約1%?

レアル紙幣(Marcos Santos/USP Imagens)

 3日、第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)が発表され、前四半期比0・6%増を記録した。微増ながら2四半期続けての成長となり、緩やかな景気回復を感じさせる結果となった。3日付現地サイトが報じている。

 7月から9月のGDPは、農業が前期比で1・3%、工業が0・8%、サービス業が0・4%あがっており、全体の成長を押し上げた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還2020年11月10日 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還  8日、ボリビアでルイス・アルセ氏の大統領就任式が行われた。亡命していた前任者のエヴォ・モラレス氏が9日に帰国した。9日付現地紙、サイトが報じている。  就任式は午後2時から首都ラパスにある国民議会の議事堂で行われた。アルセ氏はこの席で、昨年行われた大統領選後の暴動を […]
  • 《チリ》軍政憲法を国民投票で廃止に=8割賛成、来年から制定会議2020年10月27日 《チリ》軍政憲法を国民投票で廃止に=8割賛成、来年から制定会議  チリで25日、新憲法を制定するか否かの国民投票が行われ、圧倒的な賛成多数で、新憲法を制定することが決まった。ピノチェト軍事独裁政権時代(1973〜90年)以来の憲法が姿を消すことになる。26日付現地紙が報じている。  新憲法の制定は、昨年10月に暴動が起こったことで […]
  • 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後2020年10月20日 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後  18日に行われたボリビアの大統領選は、正式な開票結果が出ていない。だが、出口調査の段階で、左派候補のルイス・アルセ氏が一次投票で圧勝と伝えられ、対立候補らが敗北を認める事態となっている。19日付現地紙サイトが報じている。  今回の大統領選は、昨年11月に行われた大統 […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]