ホーム | ブラジル国内ニュース | 「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

 グローボ局で史上初の、昼のニュース番組「ジョルナル・オージ」を担当する黒人の女性キャスターとして話題のマジュ・コウチーニョが3日、ユーチューブで話題の2歳の少女との感動の対面を果たした。
 その少女はマリア・アリッセちゃんだ。彼女は両親が投稿したユーチューブ動画で全国的な話題を呼んでいた。
 その動画とは、テレビに映ったマジュをマリア・アリッセちゃんが指差し、「ねえ、私と同じ髪型だよ!服も、(私と同じ)黄色のを着てるよ」と興奮して喜ぶものだ。
 「ジョルナル・オージ」のキャスターになる前のマジュは、夜のニュース「ジョルナル・ナシオナル」の天気キャスターとして有名だった。その頃から現在まで、あごのラインから上に顔を包みこむような大きなアフロヘアがトレードマークとして知られている。
 この動画はユーチューブ上で話題になった後、同局の朝のワイドショー「エンコントロ・コム・ア・ファッチマ」の中でも紹介されたため、さらに話題になっていた。マジュ自身もこれを知り、自身のインスタグラムで動画を紹介していた。
 すると3日、サンパウロ市内のニュース・スタジオにいたマジュのもとに突然、マリア・アリッセちゃんが登場して、マジュを驚かせた。マリア・アリッセちゃんの可愛さの前にマジュは大喜びし、2人並んでの記念撮影に応じた。
 マリア・アリッセちゃんの実家は北東部ピアウイ州の人口6万人ほどの小さな市で、サンパウロ市まではかなり遠い。この対面が実現したのは、「エンコントロ~」が企画したドッキリ対面企画によるものだった。
 マリア・アリッセちゃんの父親のヴィットル・マリアーノさんは、「娘はいつも自分の髪に気を遣う子でね。あの時間は普段は寝ているんだけど、起きてきてテレビを見ていたら、突然興奮しはじめたんだ。見ると、そこにマジュが映っていて、自分と同じ髪型をしていたことに気づいて、本当にうれしそうにしたんだ。すごく美しい光景だと思って動画を撮ったんだよね」と、動画撮影の経緯を語っている。
 ブラジルでは最近、「黒人らしさ」を主張するため、縮れ毛を女性の髪形の誇りとするような運動が、インスタグラムなどを中心に盛り上がっている。(3日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》エヴァ・ウイルマが死去=数々の映画やドラマで大活躍した名女優2021年5月18日 《ブラジル》エヴァ・ウイルマが死去=数々の映画やドラマで大活躍した名女優  ブラジル芸能界の大御所女優で知られ、賞の多さでも知られるエヴァ・ウィルマが15日、サンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で卵巣癌で亡くなった。87歳だった。17日付現地紙が報じている。  1933年にドイツ人とウクライナ系ユダヤ人の娘としてサンパウロ市で生まれ […]
  • 《記者コラム》CPIで追い詰められて過激化するボルソナロ2021年5月11日 《記者コラム》CPIで追い詰められて過激化するボルソナロ  「ああ、神よ。私がこの大統領令を下さなくても済むように祈ります。もし下したら、全大臣の総力をもって実行され、司法から差し止められることはない」――5月5日、プラナルト宮でボルソナロ大統領はそう思わせぶりに演説した。  分かりやすく言えば、非常事態宣言の中でも一番 […]
  • アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける2021年5月5日 アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける  ブラジル日本商工会議所主催、パラー日系商工会議所協賛のウェブ講演会「日系人コミュニティが貢献するアマゾンのSDGs~アグロフォレストリー(森林農法)~」が、4月28日(水)午前10時から、トメアスー総合農業協同組合(CAMTA)代表の乙幡アルベルト氏を講師に招いて実施 […]
  • 《ブラジル》ワクチン不足で2度目の接種中断も=深刻なコロナ禍の中、前保健大臣はマスクなしで買い物「どこでマスク買うの?」ととぼける2021年4月28日 《ブラジル》ワクチン不足で2度目の接種中断も=深刻なコロナ禍の中、前保健大臣はマスクなしで買い物「どこでマスク買うの?」ととぼける  マルセロ・ケイロガ保健相が26日、上院の公聴会で、複数の州で第2回目のコロナワクチンの接種に問題が生じている事やパンデミックの深刻さを認め、マスク着用などの基本的な対策順守の必要を強調したと26日付現地サイトが報じた。  ワクチン接種は新型コロナの感染拡大抑制や経済 […]
  • 東西南北2021年4月27日 東西南北  22年の大統領選への出馬が有力と見られているテレビ司会者のルシアノ・フッキ。彼の大統領選出馬に関しては2014年の選挙時から噂があり、「3度目の正直」ということで、今回は本当に出馬するのではないかと見られている。だが、その矢先に「グローボ局と2025年まで契約延長」との報道も […]