ホーム | ブラジル国内ニュース | 「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

 グローボ局で史上初の、昼のニュース番組「ジョルナル・オージ」を担当する黒人の女性キャスターとして話題のマジュ・コウチーニョが3日、ユーチューブで話題の2歳の少女との感動の対面を果たした。
 その少女はマリア・アリッセちゃんだ。彼女は両親が投稿したユーチューブ動画で全国的な話題を呼んでいた。
 その動画とは、テレビに映ったマジュをマリア・アリッセちゃんが指差し、「ねえ、私と同じ髪型だよ!服も、(私と同じ)黄色のを着てるよ」と興奮して喜ぶものだ。
 「ジョルナル・オージ」のキャスターになる前のマジュは、夜のニュース「ジョルナル・ナシオナル」の天気キャスターとして有名だった。その頃から現在まで、あごのラインから上に顔を包みこむような大きなアフロヘアがトレードマークとして知られている。
 この動画はユーチューブ上で話題になった後、同局の朝のワイドショー「エンコントロ・コム・ア・ファッチマ」の中でも紹介されたため、さらに話題になっていた。マジュ自身もこれを知り、自身のインスタグラムで動画を紹介していた。
 すると3日、サンパウロ市内のニュース・スタジオにいたマジュのもとに突然、マリア・アリッセちゃんが登場して、マジュを驚かせた。マリア・アリッセちゃんの可愛さの前にマジュは大喜びし、2人並んでの記念撮影に応じた。
 マリア・アリッセちゃんの実家は北東部ピアウイ州の人口6万人ほどの小さな市で、サンパウロ市まではかなり遠い。この対面が実現したのは、「エンコントロ~」が企画したドッキリ対面企画によるものだった。
 マリア・アリッセちゃんの父親のヴィットル・マリアーノさんは、「娘はいつも自分の髪に気を遣う子でね。あの時間は普段は寝ているんだけど、起きてきてテレビを見ていたら、突然興奮しはじめたんだ。見ると、そこにマジュが映っていて、自分と同じ髪型をしていたことに気づいて、本当にうれしそうにしたんだ。すごく美しい光景だと思って動画を撮ったんだよね」と、動画撮影の経緯を語っている。
 ブラジルでは最近、「黒人らしさ」を主張するため、縮れ毛を女性の髪形の誇りとするような運動が、インスタグラムなどを中心に盛り上がっている。(3日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から2020年5月16日 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から  生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。   支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。    […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]