ホーム | ブラジル国内ニュース | 「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

「私と同じ髪型だよ!」=2歳少女が憧れの黒人女性キャスターと対面

 グローボ局で史上初の、昼のニュース番組「ジョルナル・オージ」を担当する黒人の女性キャスターとして話題のマジュ・コウチーニョが3日、ユーチューブで話題の2歳の少女との感動の対面を果たした。
 その少女はマリア・アリッセちゃんだ。彼女は両親が投稿したユーチューブ動画で全国的な話題を呼んでいた。
 その動画とは、テレビに映ったマジュをマリア・アリッセちゃんが指差し、「ねえ、私と同じ髪型だよ!服も、(私と同じ)黄色のを着てるよ」と興奮して喜ぶものだ。
 「ジョルナル・オージ」のキャスターになる前のマジュは、夜のニュース「ジョルナル・ナシオナル」の天気キャスターとして有名だった。その頃から現在まで、あごのラインから上に顔を包みこむような大きなアフロヘアがトレードマークとして知られている。
 この動画はユーチューブ上で話題になった後、同局の朝のワイドショー「エンコントロ・コム・ア・ファッチマ」の中でも紹介されたため、さらに話題になっていた。マジュ自身もこれを知り、自身のインスタグラムで動画を紹介していた。
 すると3日、サンパウロ市内のニュース・スタジオにいたマジュのもとに突然、マリア・アリッセちゃんが登場して、マジュを驚かせた。マリア・アリッセちゃんの可愛さの前にマジュは大喜びし、2人並んでの記念撮影に応じた。
 マリア・アリッセちゃんの実家は北東部ピアウイ州の人口6万人ほどの小さな市で、サンパウロ市まではかなり遠い。この対面が実現したのは、「エンコントロ~」が企画したドッキリ対面企画によるものだった。
 マリア・アリッセちゃんの父親のヴィットル・マリアーノさんは、「娘はいつも自分の髪に気を遣う子でね。あの時間は普段は寝ているんだけど、起きてきてテレビを見ていたら、突然興奮しはじめたんだ。見ると、そこにマジュが映っていて、自分と同じ髪型をしていたことに気づいて、本当にうれしそうにしたんだ。すごく美しい光景だと思って動画を撮ったんだよね」と、動画撮影の経緯を語っている。
 ブラジルでは最近、「黒人らしさ」を主張するため、縮れ毛を女性の髪形の誇りとするような運動が、インスタグラムなどを中心に盛り上がっている。(3日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を2020年11月14日 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を  複数の女性に性的暴行を働いたとしてカドモト・タダシ氏が起訴され、先月にサンパウロ州検察局が受理したと伯国内メディアが連日報道している。  グローボ局報道によると、昨年末にカドモト氏の経営する治療院に摂食障害を治療するため通っていたという女性が、州検察局へ性的暴行を受 […]
  • 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる2020年11月12日 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる  サンパウロ市市長選候補のセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の訴えが認められ、世論調査団体のダッタフォーリャが同市長選の世論調査の結果を発表できなくなる異例の事態となっている。11日付現地紙が報じている。  この判決は、サンパウロ州選挙裁が10日に出したもの。ダッタ […]
  • 東西南北2020年11月7日 東西南北  米国大統領選はジョー・バイデン氏が選挙人の過半数を獲得との見通しが強まったが、それを認めたくないトランプ大統領の抵抗ぶりが国際的にも大きな話題となった。5日夜には「バイデン氏側に明らかな不正がある」と記者会見を開き、「正当な票だけなら楽勝」と語ったものの、米国の3大テレビ局は […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]