ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル株》史上初の11万P突破=米中貿易戦争鎮静化に期待

《ブラジル株》史上初の11万P突破=米中貿易戦争鎮静化に期待

 サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は4日、前日比1・23%高の11万300・9ポイント(P)で取引を終了し、史上初めて11万Pラインを突破した。5日付現地各紙が報じている。
 これは、ブラジル時間の4日朝、「激しい関税の応酬を繰り広げている米国と中国が、貿易協定で合意の可能性がある」と、ブルームバーグ(B)社が報じたことを投資家たちが好感したことが主な原因だ。また、ブラジル国内の経済指標も今後を楽観視できると判断する要因になっており、それがブラジルの株高に結びついた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず2019年12月17日 《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず  自国の高額不動産を買う外国人に永住ビザを与えることで国外から富裕層を呼び込む動きが、米国や欧州諸国で盛んだ。  ブラジルでも同様の政策を打ち出して国外からの富裕層を呼び込もうとしているが、なかなか制度が機能していない。  国によって制度に細かな違いがあるが、ブラジルの制度 […]
  • サンパウロ州サンベルナルド市=フォード工場跡地に中国企業?=比亜迪が買収に興味示す2019年12月14日 サンパウロ州サンベルナルド市=フォード工場跡地に中国企業?=比亜迪が買収に興味示す  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市のフォードの自動車工場跡地購入に、中国の大手自動車メーカー、比亜迪自動車販売株式会社(BYD Auto)が名乗りをあげていると、13日付現地紙が報じている。  フォード工場は長年にわたり、同市を代表する産業の担い手の一つとしての […]
  • 《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準2019年12月14日 《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準  【既報関連】S&P社がブラジル国債を「ポジティブ見通し」としたことや、経済基本金利(Selic)が引き下げられたこと、また、米中貿易戦争が緩和する見通しが出ていることなどにより、12日のブラジル株は1・11%高、ドルは0・62%安、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)も […]
  • 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因2019年11月12日 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因  ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、 […]
  • 《ブラジル雇用情勢》第3四半期で若干改善=失業率低下はサンパウロ州だけ2019年11月22日 《ブラジル雇用情勢》第3四半期で若干改善=失業率低下はサンパウロ州だけ  ブラジル地理統計院(IBGE)が19日に発表した全国家計サンプル調査継続版(Pnadコンチヌア)によると、全国26州と連邦直轄区を個別に見た場合、第3四半期はサンパウロ州だけが第2四半期比で失業率が低下したことが分かった。20日付ブラジル国内各紙が報じた。  サンパウロ州の […]