ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》クルゼイロが初の2部降格=最終戦は試合終了を待たずに主審が打ち切りを宣言

《ブラジルサッカー》クルゼイロが初の2部降格=最終戦は試合終了を待たずに主審が打ち切りを宣言

史上初の全国選手権2部落ちとなってしまったクルゼイロ(Vinnicius Silva/Cruzeiro)

 サッカーの全国選手権1部リーグ最終節全10試合が8日に開催された。優勝の行方は11月に決していたが、この日最も注目を集めたのは、1971年に全国選手権が始まって以来、一度も2部降格を経験したことのない名門クルゼイロが、1部残留を果たせるかだった。
 前節終了時で降格圏の17位で低迷していたクルゼイロと、残留圏の16位に留まっていたセアラーとの間の勝ち点差は2で、8日にクルゼイロがパルメイラスに勝利しても、セアラーがボタフォゴに負けないと、クルゼイロの降格が確定してしまう状況だった。
 2部降格を回避するために勝利を義務付けられていたクルゼイロは、最終戦となるホームでのパルメイラス戦に臨んだが、後半13分に先制された上、さらに39分に追加点を許した。
 敗色濃厚の中、一部の狂信的ファンがスタジアムで暴れだし、破壊行為を行うと、警備にあたっていた軍警が催涙ガス弾を使用し始めた。一般客も含めた多くのサポーターがスタジアムを後にし始めたが、その後数分はガス弾を撃つ音が響く中で試合が継続されたが、後半45分に達する前に主審が試合の継続を取りやめ、最終的には「安全が確保されない」との理由で試合打ち切りを宣言した。
 2013、14年には全国選手権を連覇。2017、18年にブラジル杯を連覇していた名門クルゼイロは、フラメンゴ、サントス、サンパウロと並んで、全国選手権創設時から参加し、1回も2部落ちを経験したことがなかった。その記録も今年限りで途絶えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月10日 東西南北  米国の大統領選挙で世界中が沸いた先週。バイデン氏当選に関して、ブラジル国内の一般の反応はニュースサイトのコメント欄を見ても概ね良好で、敗れたトランプ氏への反応も「2014年のブラジル大統領選のアエシオ氏のよう」とする声が目立った。左派の人にはむしろ、「民主党は米国版PSDB( […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]