ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》クルゼイロが初の2部降格=最終戦は試合終了を待たずに主審が打ち切りを宣言

《ブラジルサッカー》クルゼイロが初の2部降格=最終戦は試合終了を待たずに主審が打ち切りを宣言

史上初の全国選手権2部落ちとなってしまったクルゼイロ(Vinnicius Silva/Cruzeiro)

 サッカーの全国選手権1部リーグ最終節全10試合が8日に開催された。優勝の行方は11月に決していたが、この日最も注目を集めたのは、1971年に全国選手権が始まって以来、一度も2部降格を経験したことのない名門クルゼイロが、1部残留を果たせるかだった。
 前節終了時で降格圏の17位で低迷していたクルゼイロと、残留圏の16位に留まっていたセアラーとの間の勝ち点差は2で、8日にクルゼイロがパルメイラスに勝利しても、セアラーがボタフォゴに負けないと、クルゼイロの降格が確定してしまう状況だった。
 2部降格を回避するために勝利を義務付けられていたクルゼイロは、最終戦となるホームでのパルメイラス戦に臨んだが、後半13分に先制された上、さらに39分に追加点を許した。
 敗色濃厚の中、一部の狂信的ファンがスタジアムで暴れだし、破壊行為を行うと、警備にあたっていた軍警が催涙ガス弾を使用し始めた。一般客も含めた多くのサポーターがスタジアムを後にし始めたが、その後数分はガス弾を撃つ音が響く中で試合が継続されたが、後半45分に達する前に主審が試合の継続を取りやめ、最終的には「安全が確保されない」との理由で試合打ち切りを宣言した。
 2013、14年には全国選手権を連覇。2017、18年にブラジル杯を連覇していた名門クルゼイロは、フラメンゴ、サントス、サンパウロと並んで、全国選手権創設時から参加し、1回も2部落ちを経験したことがなかった。その記録も今年限りで途絶えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]