ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院の憲政委員会が、2審判決後の刑執行法案を承認=議長は本会議採決を棚上げ=ルーラ元大統領釈放の法的根拠

《ブラジル》上院の憲政委員会が、2審判決後の刑執行法案を承認=議長は本会議採決を棚上げ=ルーラ元大統領釈放の法的根拠

10日の上院CCJの様子(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 【既報関連】ブラジル上院憲政委員会(CCJ)は10日、2審判決後の刑の執行開始を認めるとした法案(PLS166/18)を賛成22、反対1で承認した。同法案は11日のCCJでも再度承認された。10、11日付現地各紙・サイトが報じている。

 2審判決後の刑の執行開始は、セルジオ・モロ法相が提案した犯罪防止法に元々含まれていたものだが、4日に行われた下院採決では取り除かれていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ