ホーム | 日系社会ニュース | 酒井勇之進さん日本舞踊披露=日伯の藤間流関係者が交流

酒井勇之進さん日本舞踊披露=日伯の藤間流関係者が交流

藤間流の舞踊を披露する酒井さん(左)

 公益財団法人オイスカ岐阜県支部の大橋美知子(おおはし・みちこ)事務局次長が、サンパウロ州クーニャなどでの植林活動のため、昨年に続いて約1年ぶりに来伯し、5日から15日まで滞在した。その息子で日本の藤間流舞踊家である酒井勇之進(さかい・ゆうのしん)さん(43、千葉)は、高木ラウル本紙社長の紹介により、藤間流日本舞踊学校の江口桂校長らと交流。8日、サンパウロ市内にある藤瀬圭子プロダクション代表のマンション内サロンで酒井さんが舞踊を披露した。
 酒井さんは、日本の藤間堯鵬(ぎょうほう)師に7年ほど師事している。母親である大橋氏とともに2回目の来伯となった今回、自らの意志で踊りの衣装を持参してきたという。
 8日夕方、オイスカ・インターナショナルの渡邉忠副総裁らの案内により、伯側の江口校長らと交流する機会を得た酒井さんは「黒田節」をはじめ、「武田節」「伊達しぐれ」「佐渡の舞扇」の4曲を披露。居合わせた人々の拍手を受けた。
 江口校長は「落ち着いた良い踊り」と褒め称え、名取の藤間芳琴(よしこと)氏も「ひとふり、ひとふりが丁寧で素晴らしかった」と率直な感想を語っていた。
 酒井さんは「ブラジルに渡った移民の方々の気持ちを思い、今回の訪問では自分から提案して舞踊を行う準備をしてきた」と思いを語り、大橋氏も「こちらの方々は現在の日本にはない、日本への強い思いがあり、感激しました」と話していた。
 当日は準備の都合などで伯側の舞踊は披露されなかったが、今回をきっかけに、今後さらに日伯双方の交流を深めていくことが確認された。
 なお、藤間流日本舞踊学校の新年踊り初めが1月12日、サンパウロ市リベルダーデ区の文協2階貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で開かれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 福岡女学院短歌コンクール=作品募集、「今をうたう」で2020年7月4日 福岡女学院短歌コンクール=作品募集、「今をうたう」で  学校法人福岡女学院(福岡市所在地)は「今をうたう」をテーマに「福岡女学院短歌コンクール」を開催し、年齢・性別・居住地・国籍問わず、海外からも広く応募を募っている。1人2首までで投稿料は無料。発表は10月末日福岡女学院ホームページで発表する。  選者は伊藤一彦(歌人) […]