ホーム | 日系社会ニュース | ヒロシ氏がブラジル陸軍少将に昇格=副大統領出席、6人目の日系将官に

ヒロシ氏がブラジル陸軍少将に昇格=副大統領出席、6人目の日系将官に

ヒロシ少将と関係者らで記念撮影(提供写真)

 ブラジル陸軍のエドソン・マサユキ・ヒロシ氏(52、三世)が、先月25日に公表された連邦政府の官報で大佐から少将に昇格し、今月5日にブラジリアの陸軍クラブで式典が開催された。日系人の陸軍将官としては歴代6人目となる。
 ヒロシ氏は、1967年3月8日生まれでサンパウロ市出身。90年にアグラス・ネグラス陸軍士官学校の歩兵士官訓練コースを首席で卒業し、ゼツリオ・バルガス財団で経営執行役員コースのMBAを取得している。
 式典には、出席が叶わなかったジャイール・ボルソナロ大統領に代わり、アミウトン・モウロン副大統領も参加した。
 熊本県文化協会の清原ケンジ会長と共に式典に出席した平崎靖之さんは、「ヒロシ少将はとても優秀な方で、これから大いに活躍してくださると思う」と語った。軍関係に詳しい平崎靖之さんによれば「全軍を通しては13人目の将官」とのこと。
 なお、ヒロシ少将は来年1月22日に、サンパウロ州カンピーナス市の陸軍第11師団の司令官として着任する。


□関連コラム□大耳小耳

 ブラジル陸軍のエドソン・マサユキ・ヒロシ氏の式典に参加した平崎靖之さんは、「彼の名字なんですが、本当は『ヒロセ』なんです」と説明する。なんでも、ヒロシ氏の祖父が登記所に行った際に、名前を間違えて登録されてしまったのだとか。「親戚の方が『ヒロセ』なので、本当の名字が分かったんですが、今から名字を変えるのは大変なので、そのままにしているそうです」とのこと。本紙ポルトガル語版のジョルナル・ニッパキ紙のアウド・シグチ編集長も、『ヒグチ』が『シグチ』になってしまったとか。昔の日本移民によく起きた問題と言ったところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボルソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月23日 ボルソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  10月7日の総選挙で新しい国会の議員は決まりましたが、大統領はボルソナロとハダジ、2候補の決戦投票(28日)になりました。  今までの支持率調査では、ボルソナロ(PSL党)59%、ハダジ(PT党)41%という数値が続いており、あと1週間もない投票日に向けて両陣営の激しい追い […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]