ホーム | ブラジル国内ニュース | 科学誌ネイチャー=科学擁護でブラジル人のガウヴァン氏顕彰=「ネイチャー10」のトップに

科学誌ネイチャー=科学擁護でブラジル人のガウヴァン氏顕彰=「ネイチャー10」のトップに

ネイチャー10のトップに選ばれたガウヴァン氏(ウキペディアより)

 世界的な科学雑誌『ネイチャー』が17日、科学者としての倫理感を固持し、「科学的完全性」を示した人物10人を顕彰する「ネイチャー10」を発表、ブラジル人科学者のリカルド・ガウヴァン氏がトップに選ばれたと17、18日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。
 今年のネイチャー10では、10人中6人が、科学を擁護し、科学者としての倫理感を貫いたとの理由で顕彰された。
 トップに選ばれたガウヴァン氏は、ブラジル科学技術省傘下の国立宇宙研究所(Inpe)の所長を務めていたが、8月に所長職を解任された。
 同氏解任は、7月にInpeが発表した衛星写真によるデータで6月の法定アマゾンの森林伐採増加が明らかにされた事を良しとしないボウソナロ大統領が、「Inpeの報告はブラジルに悪影響を及ぼす」として、同氏やInpeを批判し始めた事が原因だ。
 同氏は、Inpeの発表したデータの信憑性に疑問を呈し、発表前に見せろとの大統領の要請に対し、国際的な研究機関も使う信頼性の高いデータを提供し、お墨付きももらっていたInpeの働きやデータを擁護。科学者としての立場を固持する態度は大統領の意向に沿わず、8月2日のマルコス・ポンテス科学技術相との会談で解任を伝えられた。
 同氏は現在、サンパウロ総合大学(USP)に戻り、研究者としての活動を続けている。11月にニューヨークで開かれたコロンビア大学でのイベントに参加した折も、大統領に対して「科学を擁護し、法定アマゾンの森林伐採抑制の必要を説いた」事を主張。「科学的な事柄に関しては、どんな権力者も科学の主権を曲げる事は出来ない」と強調した。
 ガウヴァン氏以外でネイチャー10に選ばれた環境関連の顕彰者は、アルゼンチンの環境学者サンドラ・ジアス氏と、16歳でスウェーデン人の環境活動家グレタ・トゥーンベリ氏だ。
 ジアス氏は、145人の研究者と共に世界規模の調査を行い、約100万種の動植物が人類の活動によって絶滅の危機に瀕している事を明らかにした。同氏の研究は、グレタ氏の活動とは異なる形で地球温暖化の深刻さを伝えている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(14)=移民の人生は「小説より奇なり」2019年10月29日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(14)=移民の人生は「小説より奇なり」  その日、細田宏志さんにとってどうしても外せない用事があった。祖国から岩手県知事一行がパラグアイに訪れており、県から融資を受けていた細田さんは、歓迎会のために妻と幼い息子2人を置いて出かけた。  歓迎会が終わり、約8キロの暗い帰り道を歩いていた細田さんは、理由のない妙 […]
  • アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(3)2019年7月25日 アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(3)  では、なぜ第一回移民達はリオで「もんてびでお丸」から「まにら丸」へ乗り換えたのだろうか。それは、日本から南米への往路コースは次のように決まっていたからだ。  神戸を出ると、香港、サイゴン、シンガポール、コロンボ、ダーバン、ポートエリザベス、ケープタウン、リオ・デ・ジ […]
  • 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定2016年7月14日 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定  平成28年度(2016年)外務大臣表彰の受賞者が13日に発表された。在伯大使館管内から1人、在ベレン領事事務所管内から2団体、在聖総領事館管内から3人と計6の個人・団体が選出された。昨年は外交120周年を記念し、全伯で102人が表彰を受けていた。今年の受賞者と功績は以下の通り […]
  • 【2020年新年号】「新しい時代の日本・ブラジル関係」=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田 彰2020年1月1日 【2020年新年号】「新しい時代の日本・ブラジル関係」=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田 彰  新年明けましておめでとうございます。  昨2019年を振り返ると、日本においては、5月に今上天皇陛下が皇位を継承して、即位され、新しい元号である令和の時代が始まりました。10月には、ブラジルのボルソナーロ大統領も出席し、即位の礼の式典が厳かに執り行われました。   […]