ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も

《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も

 ブラジルの高齢者法は、「60歳以上で収入が2最低賃金以下の人は、異なる市をつなぐ、または州をまたぐ長距離バス1台につき2人まで、無料で利用できる」と定めている。
 その、1台につき2人までの枠に入るために、多くの高齢者がサンパウロ市北部のチエテ・バスターミナルで長時間列を作って並んでいると、19日付現地紙が報じた。
 ライムンド・ナシメントさん(62)は、16日の夜7時からバスの券売コーナー前に並び、翌日朝6時にセアラー州行きのチケットを手にした。州都フォルタレーザに行きたかったが、もうないといわれたので、360キロ離れたイグアツ行きを確保した。
 マリア・サントスさん、ローザ・クルスさん(共に69)も16日の夜11時から並び、セアラー州タウアー行きのチケットを入手した。サントスさんは、「自分たちの権利を行使しようとしているだけなのに、こんなに長く列に並ばなければならないなんて屈辱的よ」と語る。
 こうした無料のバスチケットを手に入れるために、毛布まで持ち込み、底冷えのするバスターミナルで一夜を過ごす高齢者は多い。
 ブラジル消費者保護協会(Idec)の都市移動調査員、ラファエル・カラブリア氏は、無料チケットは、直接、券売窓口に来ないと受け取れないという仕組みを改めるべきとしている。
 バス会社Gontijoは、窓口に来て、年齢と収入を証明した人から順にという配布方法は変更できないとしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=28日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=28日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末28日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]