ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》フラヴィォ上議は230万レを資金洗浄?=チョコレート店に不審振込み=不動産の転売でも儲ける=反論では判事の誤報流す

《ブラジル》フラヴィォ上議は230万レを資金洗浄?=チョコレート店に不審振込み=不動産の転売でも儲ける=反論では判事の誤報流す

フラヴィォ氏(Agencia Brasil)

 【既報関連】リオ州検察局は19日、ボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議には約230万レアルに上る資金洗浄の疑いがあると発表。また、「汚職の指揮者」との見方を固めている。それに対し、フラヴィオ氏も反論を試みている。20日付現地紙が報じている。

 リオ州検察局は、フラヴィオ氏による資金洗浄額を230万レアルとしているが、その内、160万レアルは、フラヴィオ氏がアレシャンドレ・サンチニ氏と共同経営しているコペンハーゲン社のチョコレート店「ボウソチニ・チョコラテス・エ・カフェス」の売上を通して、63万8400レアルは妻と購入したコパカバーナのアパート2軒の購入費に見せかけて洗浄したと見ている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ