ホーム | 日系社会ニュース | 景気よくペッタン、ペッタン=岩手餅つき今年も盛況に

景気よくペッタン、ペッタン=岩手餅つき今年も盛況に

餅つきに集った県人会の皆さん

 ペッタン、ペッタン――会館サロンに入ると、そんな音が景気よく響き、婦人部の皆さんが手際よく丸めていた。岩手県人会(千田曠暁会長)が誇る30年来の伝統行事『餅つき』の一場面だ。サンパウロ市の同会館で14日(土)午前9時から行われ、約30人が晩までに約100キロを搗いて丸めた。
 「電話注文が多くて、昨日締め切りました。味見してみましたが、新米なので味もいいです」と千田会長はほくほく顔をうかべた。取材している最中も、レジストロ産の新米で搗いた白餅の注文品(500グラム入り)を取りに来る人が、次から次へと訪れていた。
 丸める作業を手伝っていた大崎おきよさん(東京都八丈島、85)は「主人が岩手ですが、なぜか存命中は県人会に来たことなかった。3年前から手伝いに来ているけど、おしゃべりしながら皆で仕事をするのが楽しいの」と笑った。20歳で渡伯して、早65年。最初はレジストロに入植してお茶摘み、雑草取りなどを皆で一緒にやったという。「皆で仕事をするのが好きなの」。
 岩手県北上出身の昆野トシコさん(84)は手を休めずに、取材に応じた。餅をくっつけないようにふる白い粉が顔についていたので、それをついチラッと見ると「おしろいみたいでしょ。餅つきしたらお化粧いらないのよ」と楽しそう。
 さらに「ブラジルは良いわ。お化粧しなくていいし、髪の毛も染めなくても誰も文句言わない。高齢者はオニブス(バス)、メトロ(地下鉄)もタダ。これで泥棒がいなけりゃ最高なんだけどね!」と豪快に笑い飛ばした。
 翌日は慰労会を兼ねた忘年会で、皆で一足先のお雑煮を食べながらゆっくり歓談した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表2020年12月5日 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)とサンパウロ市にあるブタンタン研究所のジマス・コーヴァス所長が3日、同研究所が治験を統括し、生産も行う中国シノバック社製の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の接種は、来年1月から可能と主張。来年3月から […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など2020年12月5日 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など  新型コロナの感染再拡大で、感染者や死者の増加に危機感を抱いている自治体が、次々に新たな対策を発表していると4日付G1サイトなどが報じた。  3日現在の感染者は前日比5万434人増の累計648万7084人、死者も755人増の累計17万5270人。直近7日間の1日あたり […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流2020年12月5日 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流  隔年開催の「外務省研修生OB会ラテンアメリカ会議」の第17回総会が11月3、4、5日に開催された。例年5月の開催のところ今回はコロナ禍の影響で11月に延期し、宮坂国人財団(西尾ロベルト会長)の協力のもと、初のオンライン開催に踏み切った。  同会にはラテンアメリカ・カ […]
  • ■訃報■佐藤八朗さん2020年12月5日 ■訃報■佐藤八朗さん  日系旅行社協会元会長、「宮城県人会を明るくする会」代表、農業技術移住者協会役員などを務めた佐藤八朗さんが、4日午前6時にサンパウロ州インダイアツーバ市内のアウグスト・オリベイラ・カマルゴ病院(Hospital Augusto de Oliveira […]