ホーム | Free | 大晦日恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布

大晦日恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布

中央が池崎会長

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する『第49回餅つき祭り』が、今年も大晦日31日午前にリベルダーデ日本広場で盛大に開催される。共催は文協、県連、援協、アリアンサ。
 紅白餅の入った2万袋が午前8時からリベルダーデ日本広場で無料配布され、例年、一区画先のジョン・メンデス広場まで列が延びるという。来社した池崎会長は「午前6時頃には餅をもらう人の列ができはじめます。楽しみにしていてもらえると、やりがいがあります」と喜ぶ。
 前日の30日は朝から70人ぐらいのボランティアが東洋会館に集まって、紅白餅の袋詰めをするという。市田イツ子さんによれば「白餅、赤餅が2万個ずつ机の上に山積みにされ、それを一つ一つ袋詰めする。すごい量ですが、だいだい午前中で終わる」とのこと。
 31日は午前8時に餅配布開始、午前9時半から開会式だ。式の最初には南米神宮の逢坂和男宮司による神道式の儀式が行われ、和太鼓が披露される。10時半からは役員や来賓による餅つき。
 無料のお雑煮が10時半から午後1時まで3千杯、同広場で配られる。東洋祭りで好評を博したミニ門松も販売される。
 池崎会長は「年末の恒例行事、ぜひ皆さんお出かけ下さい」と呼びかけている。問い合わせはACAL(11・3208・5090/3399・3000)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 先進国に近づくブラジル=ますます増えるCクラス=対応できずに戸惑う市場2011年1月5日 先進国に近づくブラジル=ますます増えるCクラス=対応できずに戸惑う市場 ニッケイ新聞 2011年1月5日付け […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第34話2020年9月1日 中島宏著『クリスト・レイ』第34話  そういうマルコスに対してアヤが好意を持ったのは、彼女自身にも性格的にそのような傾向を持っているという点に繋がっているようでもあった。要するに、二人の間には共通する波長を感じ取ることができたということのようである。そのことが、お互いを引き寄せ合ったということでもあった。無論、そ […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載3)=地方と都市の2頭体制に2016年10月18日 日本移民110周年は目前だ! (連載3)=地方と都市の2頭体制に  振り返れば、終戦直後の勝ち負け抗争において、最も死傷事件が多発したのは、マリリアからオズワルド・クルースに至るパウリスタ沿線だった。軍曹が汚れた軍靴を日の丸でぬぐった目撃談の真偽を糾すために、青年らが立ち上がった「日の丸事件」は1946年1月にツッパンで起きた。これが発端 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(2)2016年2月3日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(2)  私生活のほうは、素性の知れない私を理解し受け入れてくれた女性とめぐり会って結婚し、ようやく家族としての幸せを手に入れた。南米では、日本人移民(私)とヨーロッパ系移民(妻)の間にできた息子にも、自動的に生まれた国の国籍が与えられたため、両親と子供の国籍がばらばらになったが、移民 […]
  • 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号2019年11月8日 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号  1957年9月6日サントス港着のオランダ船「ルイス号」の同船者会が、10月27日(日)にサンパウロ市の文協ビル5階県連会議室で行われた。当日は18人が参加し、思い出を語り合った。  彫刻家の豊田豊さん、追田空海雄さんをはじめとしたサンパウロ市内在住者や、スザノ市の高 […]