ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も

サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も

 サンパウロ州ではこのところ、連日のように夏の大雨による被害が報告されているが、サンパウロ市では9日未明、雨を避けようとして鉄柵を乗り越えようとした路上生活者が、照明灯のポストに触れて感電死する事故が起きた。
 亡くなったのは、3年前にゴイアス州ゴアイニアから出てきた、カイッキと呼ばれる青年だ。この青年は、サンパウロ市中央部のリオ・ブランコ大通りにある屋根付のバス停で雨宿りをしようとして、柵を乗り越えようとしたが、足を滑らせて柵の脇にあった照明灯用ポスト(金属製の電柱)に触れてしまい、感電死した。
 この青年と共にバス停にたどり着いた仲間は、道路を横切った後、柵を飛び越えたため、電中にはかすかに触れただけで済んだが、青年は電柱で体を支える形になり、電気ショックを感じても、逃げ出す事が出来なかったという。
 通報を受けた消防はすぐに救急隊を差し向けたが、青年は既に死亡しており、蘇生させる事も出来なかったという。この日はこの青年の22歳の誕生日だったという。
 また、サンパウロ市東部のヴィラ・カルモジナでは、集合住宅(コンドミニアム)の塀が倒れ、隣接する駐車場と倉庫を直撃。塀に沿った土地が約5メートルの幅で陥没した形になり、駐車場にあった車、少なくとも2台が穴の底に墜落した状態となった。
 コンドミニアムの住民達によると、崩れた塀には以前からひび割れができており、雨が浸み込んだりしていたという。
 サンパウロ市防災局は9日、コンドミニアムの駐車場の使用を禁止。コンドミニアム内にある家屋24軒については、イタケーラ区役所の職員が派遣されるのを待って、立ち入り禁止措置をとるか否かを決めるという。
 コンドミニアムのある地域は、地盤が弱く、以前から危険地域とみなされていた。
 また、8日は、サンパウロ大都市圏でも、フェラス・デ・ヴァスコンセロス市やモジ・ダス・クルーゼス市などで、雨による被害や犠牲者が出たという報告が出ている。フェラス・デ・ヴァスコンセロスでは同日、40分間で95ミリの雨を記録。モジ市では45分間で90ミリ、ポアー市でも52ミリなど、各地で強い雨が降っており、洪水や冠水、土砂崩れなどが起きている。(9日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=家庭内での傷害事件増加=女性殺人も記録を更新2020年1月10日 サンパウロ州=家庭内での傷害事件増加=女性殺人も記録を更新  サンパウロ州保安局の集計によると、2019年1~10月の家庭内暴力による傷害事件は2万3226件で、前年同期比で12%増えたと9日付G1サイトが報じた。サンパウロ州では6日も、19年1~11月の女性殺人は前年の年間総数を超えており、記録を更新したと報じられた。  家庭内暴力 […]
  • サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間2019年12月24日 サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間  サンパウロ市における自動車の乗り入れ規制、ロジージオが23日から来月10日まで休止される。22日付現地紙が報じている。  ロジージオは自動車のナンバープレートの末尾番号によって、市中央部への乗り入れを制限するシステムで、クリスマスから年始にかけては、毎年、休止される。   […]
  • サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から2020年1月7日 サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から  サンパウロ州では2018年から「自動車所有税」(IPVA)の支払期日の通知を郵送していない中、割引付の一括払いと、1回目の分割分の支払期日が迫っており、「車を持っている人は支払いを忘れないように」との警告が流れている。  IPVAは「3%の割引付の一括払い」「割引なしの一括 […]
  • 《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も2019年12月20日 《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も  ブラジルの高齢者法は、「60歳以上で収入が2最低賃金以下の人は、異なる市をつなぐ、または州をまたぐ長距離バス1台につき2人まで、無料で利用できる」と定めている。  その、1台につき2人までの枠に入るために、多くの高齢者がサンパウロ市北部のチエテ・バスターミナルで長時間列を作 […]
  • 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる2019年12月21日 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる  19日、サンパウロ州イタクァケセトゥーバで、マシンガンと銃を不法製造していた工場が警察の摘発を受けた。20日付現地紙が報じている。  先週末、同市ジャルジン・アドリアナ区の住人が、4カ月前から操業している会社から、かなりうるさい音が聞こえてくるとの苦情を警察に提出した。 […]