ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国内線航空券=昨年の平均価格は11%上昇=今年は若干値下がりの予想

《ブラジル》国内線航空券=昨年の平均価格は11%上昇=今年は若干値下がりの予想

 2019年は、ブラジルの大手航空4社の一つ、アヴィアンカ航空が負債によるリース機体差し押さえのために営業できなくなり、残る3社のブラジル国内航空券の平均価格が上昇した。2020年は若干の値下がりが予想されるが、それでも収益は上がるだろうと11日付現地紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ