ホーム | コラム | 樹海 | みんな、昔は子供だった

みんな、昔は子供だった

 10、14日付ブラジル国内ニュースサイトに、マラニョン州内陸部の町の子供達の事を扱った記事が出た▼10日の記事は、プレジデンテ・ドゥットラという人口4万7千人の町の道路でサッカーをやっていた子供達が、隣人の家に飛び込んだボールを取り上げられ、どうやったら返してもらえるかを相談しようとして警察署を訪ねたところから始まる。子供達が署を訪ねてきた理由を知った警部は、自分も子供の頃、道路で遊んだ事などを思い出しながら、どんなボールだったかを尋ねた。「古くてベコベコだけど唯一のボール」と語るのを聞いた警部は、ボールをプレゼントしようと決意。軍警同伴で店に行き、真新しいボールを買ってもらった子供達が署に戻り、警部に感謝した時の写真はインターネット上で一気に広まった▼その後、近所の空き地が子供達のサッカー場として提供され、子供達も手伝って草刈などをやっているというのが14日の記事だ。そこには、ボールを取り上げた隣人は地域の人達も大好きな良い人だが、自宅の前を遊び場にされるのを快く思っておらず、取り上げたとも書かれていた▼両方の記事を読んで考えさせられるのは、自分も子供の頃に道路で遊んだ事や、ボールを取り上げられたり、怒鳴りつけられたりした経験のない子供はまずいない事などを思い出した警部の態度だ。現在は道路で遊べない町や遊べない道路が多く、同じ経験の共有は難しい。だが、子供達が警察を訪ねた事に驚き、自分が子供だった頃を思い出した警部の姿から、大人も昔は子供だった事や、子供を叱ったりする時は「自分が子供だった頃の事を思い出せ」という躾や教育の原則の一つが思い出された。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]
  • シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く2019年3月28日 シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く  16年11月末に起きた、サンタカタリーナのサッカーチーム、シャペコエンセの選手や監督などを乗せた航空機墜落事故の生存者で、ジャーナリストのラファエル・ヘンゼル氏(45)が、26日夜に突然亡くなった▼航空機事故が起きる確立は低いが、全員死亡という例も少なくない。一部リー […]
  • ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を2019年3月26日 ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を 「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題    戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  た […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]