ホーム | コラム | 樹海 | みんな、昔は子供だった

みんな、昔は子供だった

 10、14日付ブラジル国内ニュースサイトに、マラニョン州内陸部の町の子供達の事を扱った記事が出た▼10日の記事は、プレジデンテ・ドゥットラという人口4万7千人の町の道路でサッカーをやっていた子供達が、隣人の家に飛び込んだボールを取り上げられ、どうやったら返してもらえるかを相談しようとして警察署を訪ねたところから始まる。子供達が署を訪ねてきた理由を知った警部は、自分も子供の頃、道路で遊んだ事などを思い出しながら、どんなボールだったかを尋ねた。「古くてベコベコだけど唯一のボール」と語るのを聞いた警部は、ボールをプレゼントしようと決意。軍警同伴で店に行き、真新しいボールを買ってもらった子供達が署に戻り、警部に感謝した時の写真はインターネット上で一気に広まった▼その後、近所の空き地が子供達のサッカー場として提供され、子供達も手伝って草刈などをやっているというのが14日の記事だ。そこには、ボールを取り上げた隣人は地域の人達も大好きな良い人だが、自宅の前を遊び場にされるのを快く思っておらず、取り上げたとも書かれていた▼両方の記事を読んで考えさせられるのは、自分も子供の頃に道路で遊んだ事や、ボールを取り上げられたり、怒鳴りつけられたりした経験のない子供はまずいない事などを思い出した警部の態度だ。現在は道路で遊べない町や遊べない道路が多く、同じ経験の共有は難しい。だが、子供達が警察を訪ねた事に驚き、自分が子供だった頃を思い出した警部の姿から、大人も昔は子供だった事や、子供を叱ったりする時は「自分が子供だった頃の事を思い出せ」という躾や教育の原則の一つが思い出された。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • 東西南北2020年11月27日 東西南北  41人の死者を出したサンパウロ州タグアイーでの交通事故の詳報が入ってきている。検証の結果、カーブで追い越しをかけようとしたバスが勢い余って反対車線にはみ出て、肥料を運んでいた荷台連結型トラックと衝突したとの見方が強まった。警察は引き続き、聞き取り調査などを行っている。だが、バ […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 東西南北2020年11月25日 東西南北  ボルソナロ大統領が社会自由党(PSL)を離党し「政党なし」となって1年以上が経過。その間、目指していたはずの市長選にも参加できず、政党実績がないままに2年後の大統領選に臨まねばならなくなった。23日に報じられたところによると、ボルソナロ氏の新党「ブラジル同盟」は現在も結党に必 […]