ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル陸運庁》トラック輸送の最低料金引き上げ=前回調整から10%以上も増額=2月には料金表の違憲審理

《ブラジル陸運庁》トラック輸送の最低料金引き上げ=前回調整から10%以上も増額=2月には料金表の違憲審理

トラックストの再発をブラジル政府は何より恐れている(参考画像・Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 ブラジル国家陸運庁(ANTT)は16日、ブラジル国内のトラック輸送の最低料金表を、積荷の種類や輸送形式によって11~15%増額調整したと、17日付現地紙が報じた。
 新しい料金表は週明け20日から有効となる。 ANTTはまた、トラック輸送の帰路、積荷が空の状態で戻ってくる場合も料金を払うこと、運転手の食費、宿泊費も荷主が負担することを義務化した。
 2018年5~6月には、燃料価格の高騰と荷主による強引な値引きに反発し、トラック運転手たちがブラジル全土でストを行い、国中の物流が大混乱を起こした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ