ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 国際的非政府団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」が22日に「世界汚職ランキング」を発表したが、ブラジルは前年よりも1ランク下がり、106位となった。同ランキングでは順位が高い国ほど汚職が少ないとされるが、ブラジルは、69位だった2014年以降、毎年ランクを下げている。本来なら、14年にラヴァ・ジャット作戦がはじまっているので、その反省を生かせばランクは上がるはずなのだが、逆に、下がって行くばかりだ。今年の場合は、ボウソナロ大統領長男のフラヴィオ上議への捜査が止められたことなどがマイナス要因とされた。犯罪防止法発効で今後は改善されるか。

     ◎

 13日未明にサンパウロ市南部カンポ・グランデにある父親の店でシュラスコなどを楽しんでいたカイッケ・ピエトロ・フェレイラ・ダ・シウヴァ君(4)をひき逃げした容疑者の男性(27)が、21日に逮捕された。容疑者は無免許でフォルクスワーゲン車を運転し、同君の母親の友人の誕生祝中だったタイヤ販売店に突っ込んだ。一緒にいた叔母たちは重軽傷を負い、カイッケ君は壁に挟まれて圧死したが、犯人は猛スピードで逃げた。この時負傷したカイッケ君のいとこの女児(3)はまだ入院中だ。

     ◎

 州選手権がはじまると「年が明けた」と感じるブラジルのサッカー界。22日からはサンパウロ州選手権も開幕した。開幕初日は、パルメイラスがイトゥアーノに4―0、サンパウロがアグアサンタに2―0と、いずれも快勝した。この時期はまだ調整段階で、レギュラークラスの出場もゆっくりだ。まずはじっくり体を鍛えて、といったところか。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • 東西南北2020年1月15日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が13日、レストランやホテル、バーなどの飲食店やイベント会場などで、プラスチック製の食器やナイフ、フォークなどの使用を禁じる条例を裁可した。これで、2021年1月1日以降、違反した施設は罰金を科されることとなる。今年いっぱいはそのための移 […]
  • ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す2019年4月5日 ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す  「流行最先端は和牛カルパッチョ。それに日本式鉄板焼きも浸透してきている。ジューシーで柔らかい和牛の味を一度知ってしまうと、他の肉を食べられなくなる」――和牛生産大手・ケンスタール社の中矢レナト健二社長は、柔和な笑みを浮かべて和牛の魅力を語る。  ブラジルに和牛農家は […]
  • 「日本とブラジルの懸け橋に」=静岡文芸大学生が県魅力発信=JHや県人会、USPで交流2020年3月13日 「日本とブラジルの懸け橋に」=静岡文芸大学生が県魅力発信=JHや県人会、USPで交流  「静岡の魅力を伝える親善大使だ」――今月6日、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)で行われた静岡文化芸術大学(所在地=浜松市)の学生5人による静岡県紹介の後、同県出身の池田泰久(いけだやすひさ)在サンパウロ日本国総領事館副領事は、学生の健闘をそう称えた。彼らは静岡県 […]
  • 東西南北2020年7月28日 東西南北  サッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグ最終戦が一斉に行われ、26日、決勝トーナメント進出の8チームが決まった。注目のコリンチャンスは、オエステに2―0で快勝し、前日までグループDで上位にいたグアラニーがサンパウロ相手に1―3で敗れたため、順位逆転で進出決定となった。全試 […]